1342

獺祭(だっさい)といえば、今年は西日本豪雨の被害で一時酒造りを停止して値段が高騰していたそうですが、非常に人気の高いお酒として何かと耳にすることが多くなりました。

P1020758

左から磨き二割三分、大吟醸50、磨き三割九分。

この二割とか三割とかいうのは「精米歩合」といわれるもので、例えば三割九分であればお米を39%まで精米している、という事なんだそうです。

お米は中心部の方が雑味の少ないお酒を作ることができるので、三割九分(39%)であればお米の周囲を61%削っていることになり、それだけ香りが高く雑味の少ないお酒となる、という事みたいですね。

P1020760

そんなわけで、それぞれ精米歩合の違う獺祭をお猪口にわけて、飲み比べる事にしました。

僕も嫁も正直それほど日本酒の味が分かるわけではないので、本当にろくな感想を述べる事ができず残念なんですが、結論から言うとそれぞれ美味い

二割三分とか「日本酒?」ってくらいスーっと入ってきて、いっくらでも飲めてしまうほどアルコール臭さがなく上品な風味だし、大吟醸は大吟醸でしっかりとした味わいがして、日本酒としての満足感が高い。

ちなみに品質的にも金額的にも二割三分が一番高いんですが(一升だと1万円くらい?)、それぞれが十分美味いので、どれが一番っていうのはやっぱり難しかったですねぇ。それだけやっぱり味が違いました。

こうやって飲み比べてみると面白いですね。二割とか三割とか最初はよく知らなかったんですが、今回初めて調べてみて勉強になりました。

今度から日本酒を飲むときはラベルに記載されている精米歩合をチェックしたいと思います。

という訳で、獺祭はやっぱり美味かった!

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ