1120

こちらの台湾マッサージはよく効くので、夫婦でもう何年も通ってるんですが、たまたま5月5日に行ったところ、チマキの由来について教えてくれました。

チマキにそんな重い背景があったの。。?って感じだったんですが、結構要約して教えてくれたっぽいので、家に帰ってから調べ直したんですが、まず「屈原」は「くつはら」ではなく「くつげん」と読み、中国戦国時代の政治家の方でした。

生きていた時代は紀元前300年頃なので、千年ではなく二千年以上前の人ですね。

この方は時代を代表する詩人でもあったようなんですが、どうやら政治的な事が原因で役職を失脚させられ、国の行く末に悲観して入水自殺をしてしまったようでした。これがつまり5月5日で、屈原さんの命日というわけです。

それ以降、屈原さんの死を嘆いた民衆は、5月5日になるとチマキを河に投げ入れるそうで、これは供物の意味と、亡骸を魚が傷つけないようにするための二つの意味があるようでした。

日本に伝わったのは奈良時代の頃だそうで、あくまでも食文化として伝わっただけで、その背景までは広がらなかったようですね。

チマキの背景にこんな悲劇があるとは思いませんでしたが、今後チマキを食べる時は、屈原さんの事を思い出しそうです。


いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ