1082-1
1082-2
1082-3
1082-4

ちなみに嫁は「マンボ!」と言った後も、しばらくリズムを口ずさみながらマンボウを食べていました。

というわけでマンボウを頂きました。ちなみにマンボウは身の部分と腸と肝が食べられるようで、今回は身と肝のセットを買いました。

身はとてもプニプニしていて、ちょっと魚の身という感じがしないです。

一つはカルパッチョ。カイワレと玉ねぎのみじん切りを添えて、レモンとオリーブオイルで。
P1020292
もう一つはシンプルにお刺身を醤油で。オレンジ色のが肝です。カワハギの肝醤油と同じ感覚ですね。
P1020296

で、食べた感想なんですが。

嫁は「味のしないホタテの貝柱」と言っていました。ややぷにっとした食感が確かに貝っぽいといえば貝っぽいんですが、何よりそのもの自体に味がしないんです。生臭くもないです。

調べたところマンボウの身はほとんどが水分のようで、クラゲばっかり食べてるそうです。クラゲ食べてるとこういう体になるのかなぁ。

その後ネットでも色々調べたところ、酢味噌で和えても美味いとの事だったので、早速酢味噌を作って食べたんですが、確かに美味い!

ちなみに肝醤油でも食べましたが、肝はちゃんと味があるので美味しいです。カルパッチョもレモンを追加して絞ったところ、美味しくいただけました。

嫁の感想としては、マンボウの身に味がしないということは、逆に言えば色んな味付けにできるということなので、飽きずに使える食材なのかもしれない、ということでした。

刺身や和え物の他ムニエルにしたり唐揚げにもできるそうで、レパートリーは結構多そうです。また腸の方は身とは違う味がするらしいので、機会があればこっちも食べてみたいなぁ。

さすがマンボウ。外見だけでなく刺身も不思議な代物でした。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ