709-1
709-2

越してきた当時の嫁は猿を見つける度にしつこく威嚇して追い払っていましたが、最近は猿にも色んな個性がある事に気が付いたらしく、タイプ別に対応を変えているようです。

う~ん、確かに言われてみれば、下の写真の猿なんて無害系かもしれません。あまり人を警戒していませんね。

p6
実は猿のほとんどはあまり人を警戒しないのですが、その中でも敵意が有るか無いかに分かれていて、敵意の無い猿は人とトラブルにならない距離間をわきまえている気がします。

下の写真の猿も無害なタイプの代表格ですね。(最近見かけないけれど大丈夫だろうか。。)

DSC_0202
ちなみに武闘派タイプの猿は、目が合っただけで飛びかかってきたりするし、犬並みの犬歯をむき出しにして威嚇してくるので、身の危険を感じるほどに好戦的で怖いです。

こういう猿は実際に市の方でお尋ね者扱いになったりしていて、捕獲の対象になることもありますが、抜きんでて凶暴な猿というのは大体全体の1~2割程度かもしれません。

僕も何度か凶暴な猿を身近で見たことがありますが、そういえば目つきからしてかなり怖かったです。うちにたまに来る無害な猿は目元が穏やかなので、こういうところは人も猿も同じかもしれませんね。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

記事が更新されるとLINEで通知がきます