673-1
673-2
673-3

味噌作りは今年で3回目なのですが、一度手作り味噌の味に慣れてしまうと、なかなか市販味噌に戻るのが難しいです。

・材料(味噌4~4.5kg分)
大豆・・・1kg
こうじ・・・1kg
塩・・・450g~500g

まずは大豆を煮るんですが、後で潰すことを考慮してある程度柔らかくなるまで煮ます。圧力鍋があると早いみたいですね。(うちはないのです。。)
p1
茹であがった大豆。つやつやして綺麗ですね。ちょっとつまみ食いしましたが美味しいです。
p2
ビニール袋に入れて熱いうちに潰します。僕はもっぱら潰すの担当なので、黙々と足踏みを繰り返します。
p3
全部潰し終わったら(粗挽き味噌がよければ完全に潰す必要はありません)鍋に入れ直して、あらかじめ混ぜておいた麹(こうじ)と塩を入れて混ぜ合わせます。この時、大豆の熱があまり高いと麹菌が死滅してしまうので、20度~30度位がいいらしいです。温度計で測るといいですね。
p4
全て均等に混ぜたら、手のひら大に丸めた大豆の塊をタッパーに勢いよく投げつけていきます。これは中に空気が残らないようにするためです。(空気が入っているとカビの原因になるのです)
「おいしくな~れ、おいしくな~れって念じながら作るんだぞ!(嫁)」←結構大事なポイントらしいです。
p5
全ての大豆をタッパーに詰めたら、空気が入っていない事を確認して表面をならして塩でコーティングします。さらにラップをかぶせました。全てカビが発生しないようにするためですが、もしカビが表面に生えてしまっても、多少ならその部分だけこそげとれば大丈夫です。
p6
一応これで半年ほどすると味噌が完成します。待ち遠しい。。
下の写真は去年作った味噌なんですが、発酵が進むとどんどん黒くなっていきます。フタを開けると味噌の良い匂いが。。
p7

発酵の度合によって味も変わっていきますので、その都度チェックして、好みの味になったら冷蔵庫にいれて発酵をストップさせる方法もあるそうです。

実は僕は塩辛い物が苦手なので、それほど味噌が好きという訳ではなかったんですが、手作り味噌にしてからは好物になりました。大豆の甘味のせいなのか塩辛くないし、そのままキュウリに付けて食べると最高に美味しいです。

一見手間が掛かるように見えますが、半日もあれば仕込む事ができるので味噌好きの方にはオススメです!

※8コマ目に仕込んでから約半年で完成、と書きましたが、季節によって発酵の進み具合が違うため、初夏のうちに仕込むと3~4ヶ月で出来たりするそうです。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ