読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃじゃ嫁日記

暴れん坊の嫁が繰り広げる日常を絵日記として記録していこうと思いました。

アサヒビール神奈川工場へ行ってきた!

f:id:rise_more:20160422232319j:plain

 

なんだかとても暖かくなってきたし、いつまでも猿々言っていても仕方がないし、そうだビール飲もうって事で、神奈川県南足柄市にあるアサヒビール神奈川工場へ行ってまいりました。

 

アサヒビールと言えばやっぱりビールシェアNo1のスーパードライ。いつも美味しく頂いております。そんな慣れ親しんでいるビールの製造工程を学んだ上に無料で美味しいビールを頂きましょう、という事で勇んで向かったものの、工場は想像以上に山奥にひっそり建造されていたのでした。

 

自宅から電車とバスを乗り継いで1時間30分。ようやく到着しましたアサヒビール神奈川工場。美術館みたいな外観だなぁと思っていたら、安藤忠雄氏によるデザインという事でまず驚く。

f:id:rise_more:20160422232322j:plain

 

いよいよ中に入り、70分近くにわたって製造工程を順番に説明してもらうんですが、残念ながら中は撮影禁止。(最後の20分は試飲時間)

 

麦芽を発酵させてろ過してホップを加えてパッケージして、という流れを各現場を見ながら説明され、小学校の頃に行った社会科見学を思い出しました。

 

ちなみに小学校の頃に行った社会科見学は、僕は地元の蒲鉾工場で、嫁は森永製菓のお菓子工場。僕も森永製菓の方がよかった。

 

各ラインを見たところ、ほとんど自動で回っていて、別室で管理している人を除いて現場に人影はありませんでしたが、それでも300人近くの人が工場に勤務しているそうです。

 

ビールをパッケージングする工程現場も完全に滅菌された室内で行われるので、熱による殺菌処理を行う必要が無く、したがって缶も瓶もタルも基本的には全て「生」で味はもちろん品質に違いは無いのだそうです。そうだったのか。。

 

全ての説明が終わるといよいよ試飲の生ビール。3種類のビールを飲ませてもらえるんですが、残念な事に与えられた時間は20分。コップも結構大きいので30分位でゆっくり飲みたいなぁ。

f:id:rise_more:20160422232324j:plain

おつまみはなだ万のクリームチーズおかき。なだ万ってアサヒビール傘下なんですね。知らなかった。結局僕と嫁で4杯+1杯を半分ずつ分けて飲みました。

 

その後、工場の隣に併設されているアサヒビール園で焼肉。やはり一杯目はまずビールですね。

f:id:rise_more:20160422232326j:plain

 

ラムチョップとラムロース。ラム肉ってほとんど食べないんですが、美味しかったです!そして安い。

f:id:rise_more:20160422232329j:plain

 

ラムばかりだとアレなのでカルビも。霜降りですねぇ。

f:id:rise_more:20160422232331j:plain

 

実は今年初めての焼肉でした。美味しい肉と美味しいビール。こうありたい。

f:id:rise_more:20160422232333j:plain

 

ビールシェアトップのアサヒビールですが、新たに高級志向のビールも開発し、発泡酒の方も力を入れていくそうでした。

 

施設内の見学は計90分で最後の20分はビール3杯の試飲時間で、料金は無料。試飲時間が短いのがやや残念ですが、小ジョッキ位の大きさのコップなので3杯は飲みごたえがあります。

 

工場という事で山奥にありますが、最寄駅からバスが出ているし、タクシーなら駅から10分程で到着します。隣で焼肉も堪能できるので、ビール好きならぜひオススメしたいです!

 

予約は電話か、ホームページから申し込みができます。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

Copyright (C) 2014 NOBO All rights reserved.