読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃじゃ嫁日記

暴れん坊の嫁が繰り広げる日常を絵日記として記録していこうと思いました。

味噌を作る

f:id:rise_more:20160208235619j:plain

 

今年も味噌作りの季節がやってまいりました。1年って早いですねぇ。今年入ってもう2月ですものね。立春も迎えたので来月は桜も咲いているかもしれません。

 

昨年は注文した味噌キットは大豆がすでに煮てあったのですが、今回は水で戻すところから始めました。下の写真は大豆を水で戻すためにボールに漬けた所です。

f:id:rise_more:20160208235622j:plain

翌朝の大豆の姿。水を含んでだいぶ体積が増えています。ちなみに同じ位の量のボールがあと一つあります。えらい量になってしまった。。

f:id:rise_more:20160208235624j:plain

次に水をしっかり含んだ大豆を煮ます。ひたひたを保つために定期的に差し水をします。柔らかくなったらOK。

f:id:rise_more:20160208235632j:plain

下の写真は茹であがった大豆をビニール袋に入れたところです。これから大豆が原型をとどめない位に徹底的につぶしまくります。これが一番手間な工程かもしれません。と言っても20分~30分もあれば大丈夫です。

f:id:rise_more:20160208235634j:plain

こちらは塩を混ぜた麹。このまま塩麹を作る事もできます。発酵はえらいなぁ。

f:id:rise_more:20160208235636j:plain

つぶした大豆に今度はこれをまんべんなく混ぜ込みます。混ぜるのにもコツがあるようで、ほとんど嫁がやっていました。「違う!こう!(嫁)」

f:id:rise_more:20160208235639j:plain

大方まざったらオニギリを作る要領で小さな団子を作って、タッパーに順番に並べていきます。この際にハンバーグのネタを作る時の様に、両手で空気を抜いておきます。

 

団子状の大豆はタッパーに叩きつけるようにして、やはり極力空気が入らない様にしていきます。手が大豆だらけだったもので、その過程を写真におさめておらず無念。。

 

タッパーに詰めきった大豆。ぴっしりきつきつな状態です。

f:id:rise_more:20160208235642j:plain

 

最後に空気が入らない様にラップをしますが、表面に塩をまぶしておきます。殺菌のためなんですかね。

f:id:rise_more:20160208235644j:plain

下の写真はラップを張っている途中なので、まだぴっしりキツキツな状態ではないのですが、ぴっしりきつきつな状態にしたら上から重しをのせて、涼しい場所に保管します。

f:id:rise_more:20160208235647j:plain

本来はタッパーではなく、木桶がいいらしいので、うちもいつかは木桶で味噌を作ってみたいです。桶に菌が住みついて風味がよくなるらしいですね。菌は凄いなぁ。

 

ちなみに去年作った味噌はまだ残っていて、絶賛大活躍中です。一度作ったら市販の味噌に戻れないという噂は本当で、今年もまんまと作る事になりました。

 

一見手間が掛かりそうに見えますが、大豆を茹でる→つぶす→混ぜる→詰めるという工程だけなので、1日時間を作っておけば十分です。後はほぼ放置。今年は途中で味噌を分割して発酵の程度を分け(冷蔵庫に入れると発酵が止る)、好みの味を探してみたいと思います。

 

【追記】すいません、記事にタイトルが無かったので追加しました。。

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

Copyright (C) 2014 NOBO All rights reserved.