読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃじゃ嫁日記

暴れん坊の嫁が繰り広げる日常を絵日記として記録していこうと思いました。

思い出のウルティマオンライン

婿話

f:id:rise_more:20150725004703j:plain

f:id:rise_more:20150725004705j:plain

f:id:rise_more:20150725004709j:plain

f:id:rise_more:20150725004710j:plain

f:id:rise_more:20150725004714j:plain

f:id:rise_more:20150725004715j:plain

 

まず、はてなブログの今週のお題であった「ゲーム大好き」が終了してもなお、ゲーム記事をあげるのもどうかと思いましたが、僕の中のゲームネタはこれで全て出し切ろうと思ったので、あえて出す事にしました。

 

このウルティマオンライン(以下UO)が発売されたのは1997年で、18年前のゲームになります。その頃はまだネットインフラが整っていなかった為、ADSLなんてものもなく、ダイヤルアップ回線で繋いでいました。ネットを常時接続で利用していなかった時代で、僕もまだ学生でした。

 

発売当初のUOは一言で言えばカオスで、法整備が整っていない為にかなり無秩序な世界となっていました。街の中は基本的には安全ですが、ボーっとしているとスリにあうし(盗みのスキルがあった)、街から出ると初心者目当ての殺戮者達が森の中に潜んでいました。

 

また、僕の英語力が低かったのも、難易度をあげていた理由の一つでした。外国人のプレーヤーと協力できていれば、もっと円滑に遊べていたかもしれません。初期のUOは、一人で遊ぶにはあまりにも過酷な環境だったのです。

 

僕はその後、UOから一度離れるのですが、数年後には日本専用のサーバーが用意され、プレイヤー同士で闘いあう空間も別に用意されるなどして、まるで別ゲームの様に快適な環境に変貌するのでした。

 

結果的に多くのネットワークRPGに影響を与えたUOでしたが、後発のネットワークゲームに押されてしまったのか、日本公式サイトも閉鎖され、大分規模も縮小されたようでした。時代の流れかもしれません。

 

しかし初期のUOにしかなかった、世紀末の様な無秩序感は強烈に記憶に残っていて、僕の楽しかったゲームの思い出の一つです。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

Copyright (C) 2014 NOBO All rights reserved.