読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃじゃ嫁日記

暴れん坊の嫁が繰り広げる日常を絵日記として記録していこうと思いました。

モンジロウ羽化する

f:id:rise_more:20150629164229j:plain

朝起きると、モンジロウが住んでいた瓶の中で蛾がバタバタと暴れていました。瓶は小さい空気穴の開いたサランラップで蓋がしてあったので、モンジロウ以外に考えられません。

 

ウィキにはヨトウガは9月位に羽化するような事が書いてあり、「まだ随分あるなぁ」等と思っていたのですが、予想に反して随分と早いお出ましです。6月上旬にサナギになったばかりなので、約1ヶ月程度での羽化でした。

 

モンジロウが羽化するまでの経緯です。

 

モンジロウの写真の掲載について迷ったのですが。。

 

モンジロウもこれが見納めなので、最後に写真を載せる事にしました。昆虫と言っても、特に蛾なので、気持ち悪かったり、不愉快な気分になるかもしれません。もし苦手な方がいらっしゃいましたら、ここから先の画面のスクロールはご遠慮下さい。

 

 

 

下の写真はモンジロウが羽化して間もなくの状態です。まだ羽がしな~となっていて羽ばたくことができないのでしょう。ジタバタと暴れまわるだけだったので、

f:id:rise_more:20150629164235j:plain

 

嫁が下の写真の様に割りばしのハシゴをかけました。これによってモンジロウは割りばしを伝わり下の写真の位置まで登ってきました。しかしここで一休み。まだ羽が完全に伸び切れていないので、乾燥するまで待っていたのかもしれません。

f:id:rise_more:20150629164237j:plain

 

しばらくして初ランディングを試みますが、数cmだけ滑空して下の写真の様に(逆光な上に同系色で見えづらくすいません)布の影に隠れました。蛾は本来、夜行性なので「よく見たらまだ昼間じゃん」と思いとどまったのかもしれません。

f:id:rise_more:20150629164238j:plain

 

一方家の周りでは、巣立ったばかりのツバメ達が飛行訓練を行っており、飛んでいる蛾が空中で捕食される瞬間を見たばかりの嫁が、「モンジロウも生態系の一部になるのかもな」等と言っています。初手から切ない。

 

その後、モンジロウは日が暮れてから、誰にも見送られることなく、ひっそりと飛び立っていったようでした。今後灯りを頼りに網戸につかまるヨトウガを見るたびに、モンジロウの事を思い出しそうです。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

Copyright (C) 2014 NOBO All rights reserved.