じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

カテゴリ: 温泉

箱根に17種類の源泉があるということを実は僕も知らなかったんですが、確かに入り比べてみると全然違います。特に仙石原の温泉は硫黄臭がして、色も白く濁っているので他と際立って違うんですが、我が家では一番お気に入りの泉質なのです。そういえばこの間「マツコの知らな ... 続きを読む
1458

箱根に17種類の源泉があるということを実は僕も知らなかったんですが、確かに入り比べてみると全然違います。

特に仙石原の温泉は硫黄臭がして、色も白く濁っているので他と際立って違うんですが、我が家では一番お気に入りの泉質なのです。

そういえばこの間「マツコの知らない世界」という番組で箱根の温泉が特集されていたらしいんですが、そこで仙石原のかま家が紹介されていたそうですね。

こちらのお店はうちも年に何度も通っているお店なんですが、本当に良いお風呂なので、ぜひオススメです。かま家を紹介するとは渋いですね。僕も箱根の湯の中で一番好きなのはこちらのお店の湯です。

ちなみに今回お邪魔したこちらの宿とかま家はすぐ近所だったりします。

こちらかま家にお邪魔した時の記事です。
かま家の記事


いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

ちなみに僕は小学生の頃に2年ほど卓球部だったことがあり、卓球には一日の長があると思っていたんですが、嫁の勝負にこだわるプレイスタイルは僕の予想を上回っていました。あのスマッシュは打ち返せない。いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!人気ブ ... 続きを読む
1456

ちなみに僕は小学生の頃に2年ほど卓球部だったことがあり、卓球には一日の長があると思っていたんですが、嫁の勝負にこだわるプレイスタイルは僕の予想を上回っていました。

あのスマッシュは打ち返せない。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

と言う訳で、仙石原にある湯屋「やまざくら」へ行ってきました。こちらは10年程前からあるそうなんですが、なにぶん5部屋しかないので予約で埋まりやすく、うちは1ヶ月程前に予定をとりました。サイトはこちらです。湯屋「やまざくら」箱根に古くからある老舗の旅館、という ... 続きを読む
1455-1
1455-2

と言う訳で、仙石原にある湯屋「やまざくら」へ行ってきました。

こちらは10年程前からあるそうなんですが、なにぶん5部屋しかないので予約で埋まりやすく、うちは1ヶ月程前に予定をとりました。

サイトはこちらです。
湯屋「やまざくら」

箱根に古くからある老舗の旅館、というよりは家族経営のアットホームなペンション的な雰囲気でしょうか。

到着して早速、最寄のコンビニへ出かけたんですが、仙石原のローソンはエヴァ一色でした。
img
そうか。そういえば箱根なんですよね。忘れてました。

そんなわけで宿に着いたばかりなので、もうしばらく続きます。

(ちなみにお留守番のカイとナルには、丸一日分のご飯をまとめて置いておきました。)

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

秀明館の特徴は大正時代の面影を残した館もそうなんですが、何とも言ってもこの浴室。あるのは手桶のみで石鹸とシャンプーは置いていないので、ただひたすら湯に入るのみです。目の前にそびえる、しめ縄のかけられた巨大な岩石の元が源泉になっており、こちらから湯を引いた ... 続きを読む
1115-1
1115-2

秀明館の特徴は大正時代の面影を残した館もそうなんですが、何とも言ってもこの浴室。

あるのは手桶のみで石鹸とシャンプーは置いていないので、ただひたすら湯に入るのみです。

目の前にそびえる、しめ縄のかけられた巨大な岩石の元が源泉になっており、こちらから湯を引いた浴槽は温度を二つに分けて隔たれています。だいたい5~6人も入れば一杯でしょうか。

ちなみにこちらの温泉は自然湧出のため、その前後の雨量によってお湯の量が変わります。例えば梅雨の雨量の多い時期に行けばたっぷりのお湯が流れていますが、日照りの時分に行くと湯が湧いていなかったりします。

しめ縄は神域と現世の境界を示す結界の役割をするといいますが、姥子温泉にとってこの源泉は神聖な場所であるということなのでしょう。

活火山である箱根から湧き出る自然の恵みをいただくことに自然と感謝したくなるような、そんな厳かな心持ちにされる不思議な温泉です。

十分温まったので部屋に戻り、一人ソファーに座りくつろいでいると。。
img1
なぜか突然、嫁の携帯(ガラケー)から鳴り続けるロッキーのテーマ(The Final Bell)。

ロッキーをご存じない方スイマセン。ロッキーはシルベスタースタローンが主演したボクシングの映画なんですが、とても有名なテーマ曲があるのです。

youtubeにあったので聞いてみてください。


ちなみに嫁の携帯からロッキーのテーマが流れることを聞いたことがなく、(たぶんアラームだと思うんですが)なぜこのタイミングで鳴り始めたのか謎です。

人の携帯を黙っていじるのもはばかられるので、嫁が戻ってくるのを待っていたんですが。。頭の中は完全にロッキーのラストの方の映像が流れていました。

img2
嫁が昼食を作ってきたので、部屋で頂きました。ちなみにビールは館内で販売しています。

img3
外に雪が残っていますが、実はこちらに行ったのは3月の上旬だったのです。今頃になって描きました。

img4
まさに箱根の秘湯といった風情の、不思議な温泉場です。

詳しくは姥子温泉 秀明館 公式サイトをご覧ください。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

うちは年間通してよく箱根の温泉に入りに行くんですが、この秀明館だけは、ちょっと特別というか、気軽に行くことをはばかれる温泉施設だったりします。 伊豆箱根バスの「姥子」バス停で下車。数年前に噴火した大涌谷周辺に位置する姥子は標高900m程度の場所にあります。 ... 続きを読む
1115

うちは年間通してよく箱根の温泉に入りに行くんですが、この秀明館だけは、ちょっと特別というか、気軽に行くことをはばかれる温泉施設だったりします。

伊豆箱根バスの「姥子」バス停で下車。数年前に噴火した大涌谷周辺に位置する姥子は標高900m程度の場所にあります。

img1
火山ガス注意。降りたバス停の近所に立つ看板が、ここが箱根山の中でもシリアスな場所であることを物語っています。ちなみに現在は噴火活動は収束してますのでご安心下さい。

バス停から数分歩いて秀明館の入口に到着しました。ちなみに周辺は森に囲まれて静寂に包まれています。

img2

タイムスリップしたみたいだな!

img3
現在は10時~15時の日帰り専門施設。大正時代の外観をそのまま残して改装されています。漂う郷愁感。

昼近くに到着したんですが、残り二部屋しか空いておらずギリギリ入館することができました。ここまで遠い道のりをバスで来た我々は、入館を断られると茫然と立ちすくむ事になります。

入れなかったことを何も考えてなかったので危ないところだった・・・

かくして無事に手続きを済ませ個室へ案内されました。本当に利用者がいるのだろうか、と考えてしまうくらい館内は静か。

img4
通された部屋は立派な洋室。立派なソファーに絵画、オルガン。VIP扱いみたい・・・

凄い部屋に通された!

img5

おー富士山が見える!絶景だ!

img6
なんと部屋の窓からは富士山が。随分良い部屋に通されました。次来るときもここがいいなぁ。 というわけで早速温泉に入りたいので、別々に浴場へ。

と思ったら浴場は人で一杯でした。実はこちらの浴場はとても狭く、6人程度入るとちょっときついのです。

仕方がないので人が少なくなるまで、休憩室のマッサージチェアで時間をつぶすことにしました。

img7
ちなみにここは昔炊事場だったそうで、現在は使われていませんが、当時の状態のままにしてあるそうです。

img8
なんとつげ春樹が置いてあるので思わず手に。ページをめくるたびにあふれるノスタルジー。

もしかしたら今はまだ昭和で、全部空想の世界なんじゃないだろうか・・・


等と、まるで昭和初期にタイムスリップしてしまったかなような錯覚におちいるのでした。

つづく

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

旅館に到着してから晩御飯まで1時間程あったので、早速浴衣に着替えて温泉に入る事にしました。露天風呂は川の目の前にあるんですが、源泉が川に流れているので夏は川の中で温まる事ができます。野性の世界ですね。秘湯というか秘境という感じ。本館から露天へと続く経路。全 ... 続きを読む
1032-1
1032-2
1032-3

旅館に到着してから晩御飯まで1時間程あったので、早速浴衣に着替えて温泉に入る事にしました。
P1020050
露天風呂は川の目の前にあるんですが、源泉が川に流れているので夏は川の中で温まる事ができます。野性の世界ですね。秘湯というか秘境という感じ。
P1020042
本館から露天へと続く経路。全体的に古民家のたたずまいですが、とても清潔で居心地がよいのです。
P1020033
露天から見える渓谷の斜面は、この豪雪の中でも絶えず立ち上る温泉の湯気で山肌が露出しています。
01a67dd15c9c0834d8760a40068b04b3bed68bf952
良いお湯と開放感あふれる景観。実はこちらの宿に来るの3回目なんですが、また来たい。

到着したての長風呂は体に障るというので、早めに上がって晩御飯前にビールを1本いただきました。

もちろん食事も美味しいです。撮った写真がどれもイマイチだったので割愛しますが、下の写真は追加で頼んだ皆瀬牛。滅茶苦茶美味かったです。。お取り寄せしたい。
P1020041

この後満腹になりすぎて食後の温泉を諦めすぐに就寝。翌日宿を出ました。

湯治プランがあるらしいので、いつか改めてのんびり過ごしたいなぁ。

こちら阿部旅館のホームページです。
奥小安峡 大湯温泉 阿部旅館 日本秘湯を守る会会員の宿

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

修学旅行かっていう感じになってました。さて秋田旅行の目的の一つ「阿部旅館」に到着しました。ちなみに下の写真は帰りなので晴れているんですが、道路はこんな感じです。もの凄い雪。除雪車なんてない大昔は、冬季は閉鎖地区だったかもしれませんね。とにかく雪深い山奥と ... 続きを読む
1028-1
1028-2
1028-3

修学旅行かっていう感じになってました。

さて秋田旅行の目的の一つ「阿部旅館」に到着しました。

ちなみに下の写真は帰りなので晴れているんですが、道路はこんな感じです。もの凄い雪。
011a3f093aa0d9d2af929f943f73c56e36e02a799f
除雪車なんてない大昔は、冬季は閉鎖地区だったかもしれませんね。とにかく雪深い山奥という感じ。

下は行きの写真ですが、峡谷のかなり上流に阿部旅館はあります。冬はかなり過酷な環境ですね。さすが秘密の湯を有する旅館。人里からの離れっぷりが尋常ではありません。
0195796d312e4f3c7002a0ef6acd92ba52586da874

悪天候の中ようやく到着。屋根に積もった雪がミルフィーユみたいになってます。
P1020047
そして目に入る秘湯の文字。
P1020047-1

つづく

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


このエントリーをはてなブックマークに追加