じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

カテゴリ:行ってみた > 神社・仏閣

  ようやく2016年ダイジェストが終わって、年を開ける事ができました。改めて明けましておめでとうございます。   実は僕は元旦初詣に神社へ行く、という習慣が無い家庭に育ったため、結婚してから行くようになったんですが、初詣って何だかワクワクしますね。   基本 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20170126184839j:plain

f:id:rise_more:20170126184840j:plain

f:id:rise_more:20170126184841j:plain

 

ようやく2016年ダイジェストが終わって、年を開ける事ができました。改めて明けましておめでとうございます。

 

実は僕は元旦初詣に神社へ行く、という習慣が無い家庭に育ったため、結婚してから行くようになったんですが、初詣って何だかワクワクしますね。

 

基本的に混雑している場所が嫌いなので、何が楽しくて行くのか疑問でしたが、年末年始の非日常的な空気感と、お正月のおめでたい雰囲気が凝縮されている気がして、楽しくなってくるのです。

 

元旦の芦ノ湖はとても清々しく、空気が凛としていました。

f:id:rise_more:20170126222344j:plain

 

雲一つない天気だったので、富士山も見えました。神社の鳥居もありますね。

f:id:rise_more:20170126222346j:plain

 

箱根神社の境内は凄い人でしたが、なんだかお祭りみたいで楽しいです。

f:id:rise_more:20170126222349j:plain

 

今年一年のお願いをさせて頂きました。ちなみに厄払いもこちらでお願いしました。

f:id:rise_more:20170126222352j:plain

 

僕は神社へ行くと必ず引くんですが、たまに同じ時期に違う場所で引いたおみくじの結果が、この様に似通っている事があります。そんな時は心の隅にとめておいたりするんですが、無くし物がそもそも思い当たらないため、何だか残念な気がしました。

 

しかしそれを見た嫁が、「それは無くしたものは『物質』ではないんじゃないか?」と言うような事を言いはじめ

f:id:rise_more:20170126184842j:plain

 

う~ん、なるほどねぇ、なんて思いました。

 

というのも去年一年間は、例えばブログもそうなんですが、やりたいと思いつつ目をそらしていたというか、やらないといけない事から目をそらしていた一年だったので、仕事が忙しいとはいえ、「やってやれないことはなかった」と悔いの残る年だったのです。

 

こんな風におみくじに書いてある、些細な一言をきっかけに色々考えさせられる事もあるわけで、今年は色んな事を改めて頑張ろう、と思わせるスタート月になりました。

 

ほのぼのおサルのスタンプ

f:id:rise_more:20160621141306p:plain

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日は箱根にある九頭龍神社の本宮へ参拝してきました。   九頭龍神社は箱根神社と同様に箱根芦ノ湖周辺に建立されています。 ちなみに箱根神社の方が参拝客は圧倒的に多いです。実は箱根神社の境内の中に九頭龍神社の出張所があって、こちらでも参拝は可能といえば可能な ... 続きを読む

f:id:rise_more:20160610161716j:plain

先日は箱根にある九頭龍神社の本宮へ参拝してきました。

 

九頭龍神社は箱根神社と同様に箱根芦ノ湖周辺に建立されています。

f:id:rise_more:20160610163003j:plain

ちなみに箱根神社の方が参拝客は圧倒的に多いです。実は箱根神社の境内の中に九頭龍神社の出張所があって、こちらでも参拝は可能といえば可能なのです。

 

九頭龍神社は最寄のバス停「桃源台」から歩いて30分程かかるし、毎月13日に開催される月次祭を除いて基本的には無人です。ですので箱根神社へは年に数回参拝していますが、九頭龍神社へ行くのは数年ぶり。

 

まずは桃源台行きバスに乗り、終点の桃源台へ。実は桃源台駅に来るのは初めて。付近を散策していたら、営業課長の札をつけた猫が。

f:id:rise_more:20160610142417j:plain

 

九頭龍神社へ向かうには神山通りという小道を進んでいきます。龍のイラストが描いてあるので、分かりやすいですね。

f:id:rise_more:20160610142418j:plain

実はここからが長く、30分程度小道を芦ノ湖沿いに歩きつづけます。特に何もない道中なので割愛して。。

 

箱根九頭龍の森へ到着。ちなみに入場料500円です。

f:id:rise_more:20160610142441j:plain

 

社まではさらに10分程木立ちの中を歩きつづけます。

f:id:rise_more:20160610142420j:plain

 

森の中には色々な樹木があり、変った名前の木もありました。嫁が目ざとく反応し始めます。

f:id:rise_more:20160613235400j:plain

f:id:rise_more:20160613235445j:plain

f:id:rise_more:20160613235501j:plain

「寿司食いたくなってきた。(嫁)」 

 

ようやく九頭龍神社本宮に到着。無人でしたのでゆっくり参拝できました。

f:id:rise_more:20160610142422j:plain

 

社自体はとても小さいのですが、神奈川でもかなり有名なパワースポットとして、毎月13日の月次祭には多くの参拝者が訪れるそうです。

f:id:rise_more:20160610142424j:plain

 

九頭龍神社は757年に万巻上人という方が開いたとされています。芦ノ湖で暴れていた龍を調伏して守護神として祀られた神社なのだそうです。

f:id:rise_more:20160610142426j:plain

 

ちなみに箱根九頭龍の森には、もう一つ「白龍神社」という社がありました。芦ノ湖には九頭龍だけでなく、白龍もいたんですねぇ。 

f:id:rise_more:20160610142445j:plain

 

願い事を書いた絵馬を持って、正面に見える木の周りを3回回るのだそうです。

f:id:rise_more:20160610142448j:plain

 

こちらが白龍神社の社。結構こじんまりとしていますが、そばには願い事が書かれた絵馬が沢山つるされていたので、僕もお願いしてみました。

f:id:rise_more:20160610142451j:plain

 

帰りには芦ノ湖畔にある蕎麦屋で昼食をとりました。歩き回った後のビールがうまい。。箱根限定ラベルのサッポロ黒ラベル。

f:id:rise_more:20160610142453j:plain

 

芦ノ湖で獲れたワカサギのフライ。ここに来ると必ず頼みます。

f:id:rise_more:20160610142455j:plain

 

嫁は桜エビの冷やし蕎麦。「いっつも同じ物食べてるな!(嫁)」

f:id:rise_more:20160610142457j:plain

 

僕は天蕎麦。年間通して天ぷらを食べる事のできる貴重な機会なのです。

f:id:rise_more:20160610142500j:plain

 

すいません。。ここの所更新が途切れ途切れになっております。やらなければならない事が多くなかなか時間が取れない日が続いておりまして。。

 

もう一つのブログも止ったままで、なんともはやという感じなのですが、今のリズムに落ち着いたら以前のスピードに戻したいと思います。

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  箱根神社へ行く度に、芦ノ湖周辺から見える駒ヶ岳と、山頂にポツンと建っている本宮が気になっていたので、勢いで行ってみる事にしました。今日は写真が多めです。   とりあえず本宮へ行く前に、箱根神社へ。例のごとく早朝から出かけましたが、結構参拝者が居ますね ... 続きを読む

f:id:rise_more:20160320222852j:plain

f:id:rise_more:20160320222853j:plain

f:id:rise_more:20160320222855j:plain

 

箱根神社へ行く度に、芦ノ湖周辺から見える駒ヶ岳と、山頂にポツンと建っている本宮が気になっていたので、勢いで行ってみる事にしました。今日は写真が多めです。

 

とりあえず本宮へ行く前に、箱根神社へ。例のごとく早朝から出かけましたが、結構参拝者が居ますね。

f:id:rise_more:20160320222859j:plain

 

箱根神社はいつきてもいいなぁ。

f:id:rise_more:20160320222907j:plain

 

この日は曇り空で若干雨も心配だったのですが、芦ノ湖周辺は晴れ間も見えたので良かったです。ボートに乗っている人はほとんどが釣り人でした。

f:id:rise_more:20160320222856j:plain

 

駒ヶ岳ロープウェー。山頂にもロープウェー乗り場が見えますね。結構高いです。

f:id:rise_more:20160320222910j:plain

 

「昭和のまま時間が止ってるな!(嫁)」内部はレトロ感満載。何年前に建てられたんだろう。

f:id:rise_more:20160320222914j:plain

 

いよいよ山頂へ。どんな所なんだろう。。

f:id:rise_more:20160320222916j:plain

 

山頂に着きました。なんだこの荒涼とした風景は。。嫁が評した「戦があった後」が言い得て妙だなぁと思いました。冬だからかもしれないですね。

f:id:rise_more:20160320222922j:plain

 

山頂に建っているロープウェー乗り場。結構年代ものですねぇ。

f:id:rise_more:20160320222919j:plain

 

山頂は背の低い草が一面に生え、乗り場と元宮以外にはほぼ何もないという場所でした。夏には青々とした風景が広がるのかな。

f:id:rise_more:20160320222924j:plain

 

天気が良いと富士山が見えるらしいんですが、この日は視界に入らず。残念です。

f:id:rise_more:20160320222937j:plain

 

そしてなぜかこんな場所が。「賽の河原か!(嫁)」なんだろう。怖い。

f:id:rise_more:20160320222929j:plain

 

山頂に建つ箱根元宮(はこねもとつみや)。個人的に感慨深い物があります。来たかったんですよねぇ。

f:id:rise_more:20160320222927j:plain

 

決して大きくはないですが、堂々とした作り。せっかく来たのでお札を買って帰りました。念願の参拝が果たされて良かった!

f:id:rise_more:20160320222942j:plain

 

その後、特に見る物もなく、次のロープウェーの発車まで時間をつぶそうとブラブラしていたところ。。

f:id:rise_more:20160320222932j:plain

 

「あ!猫がいる!(嫁)」突然嫁が猫を発見しました。こんなところにどうして猫が!

f:id:rise_more:20160320222945j:plain

 

こちらの存在は一切気にしていない様で目の前をトコトコ歩いていきます。普段何食べてるの?

f:id:rise_more:20160320222950j:plain

 

「毛つやも良いし痩せてないから、誰かに餌貰ってるのかもな(嫁)」それにしても、こんな何もない所で猫を見るとは思いませんでした。ビックリ。

f:id:rise_more:20160320222954j:plain

 

山頂全体が庭なのでしょうね。他の動物も少ないし居心地はよさそう。お元気で。

f:id:rise_more:20160320222956j:plain

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

嫁は最近早朝ウォーキングで付近を散策しながら歩き回っているのですが、散策ルートに地元の神社も含まれていて、ウォーキングの際には必ず参拝するようにしています。   たまたまこの日、いつもの様に社の前に来ると、鎮座する狛犬に何か置かれていました。 黒缶プレミア ... 続きを読む

f:id:rise_more:20160216235340j:plain

嫁は最近早朝ウォーキングで付近を散策しながら歩き回っているのですが、散策ルートに地元の神社も含まれていて、ウォーキングの際には必ず参拝するようにしています。

 

たまたまこの日、いつもの様に社の前に来ると、鎮座する狛犬に何か置かれていました。

f:id:rise_more:20160216235347j:plain

黒缶プレミアム。猫缶・・・え、お供え・・・?

f:id:rise_more:20160216235352j:plain

反対側の狛犬にも・・・

f:id:rise_more:20160216235343j:plain

わがまま猫!猫!?狛犬って犬じゃないのか。。

f:id:rise_more:20160216235345j:plain

ちなみに狛犬に関してちょっと調べてみたんですが、当然狛犬というのは想像上の生物で、仏を守る為の守護獣像として置かれているそうです。

 

正式には向って右側が「阿像」と言われる獅子。左側が「吽像」と言われる狛犬なのだそうで、狛犬といっても起源はライオンらしく、朝鮮の高麗(こま)から日本に伝えられたので狛犬(こまいぬ)と呼ばれるようになったのだとか。

 

正直この辺に関しては諸説ありそうなんですが、ライオンや獅子を起源にもつのなら、猫缶は間違ってなさそうですね。そもそも狛犬に食べ物をお供えするのが正しいのか、という話なんですが、でも狛犬にも何かお供えをしたい、と誰かが思ったんでしょうね。

 

きっと神社の神主さんも笑っているかもしれませんが、ちゃんと狛犬が好きそうな物を選んでお供えされているのが、なんとも微笑ましいですね。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

週末は神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮へ参拝に行ってきました。今年初めての参拝。ようやく来ることができました。週末の神奈川は天気予報で雪マークが出ていて天気が心配でしたが、まったくの晴天で安心しました。   日曜日のせいか人で一杯。さすがですねぇ。雲一つない快晴 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20160207235241j:plain

週末は神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮へ参拝に行ってきました。今年初めての参拝。ようやく来ることができました。週末の神奈川は天気予報で雪マークが出ていて天気が心配でしたが、まったくの晴天で安心しました。

 

日曜日のせいか人で一杯。さすがですねぇ。雲一つない快晴でとても気持ちの良い日よりでした。

f:id:rise_more:20160207235541j:plain

うちがよく行く芦ノ湖の箱根神社や、大雄山最乗寺等はかなり山奥に建立されていているので、行くのもちょっと手間なんですが、鶴岡八幡宮は交通の便がいいので来やすいですね。

f:id:rise_more:20160207235543j:plain

「年末年始はめちゃくちゃ混むんだよなぁ。(嫁)」嫁の話では、年越しから初詣のタイミングは参拝客が物凄いらしいですね。

f:id:rise_more:20160207235551j:plain

そういえば絵馬って書いたことないので、今度願掛けしてみようかなぁと思っています。具体的に夢や目的を書くことで、目的を自分の中で明確にしたいなぁと思うのです。

f:id:rise_more:20160207235546j:plain

実は今年に入り神社仏閣に行くたびにおみくじを引いているのですが、5回中4回が大吉というかなりの引きの良さを見せており(嫁も同じ確率)、「さぁ本日やいかに」と意気込んで引いてみたところ。

f:id:rise_more:20160207235548j:plain

まさかの凶。え、凶ってあるの・・・?等と思っていると「あ、凶だ!いいなぁ!今一番悪いんだから、これから上がってくだけじゃん!凶引きたかった!(嫁)」なるほどなぁ。そういう考え方もあるか。

 

嫁にすると、大吉は今は良くてもこれから悪くなっていくみたいでガッカリするので、今は悪くても今後現在より上がっていくだけの凶を引きたいのだそうです。

 

境内には凶や大凶の厄払いをする箱みたいなのが特別に設置されているので、とりあえず投下しておきました。でもよくよく周りを見てみると、凶や大凶を引いている人があちこちで見られ(悲鳴をあげている)、厄払いの箱に行列ができているのでした。鶴岡八幡宮なかなか厳しいなぁ。。

 

そろそろ帰途につこうとすると、どこからか雅楽が聞こえるので、おや?と思っていたら結婚式が始まりました。前回来たときも丁度結婚式が始まるタイミングだったのですが、なんだかおめでたい儀式を見られるのは嬉しいですね。

f:id:rise_more:20160207235553j:plain

男性は外国人で、女性は日本人でした。鶴岡八幡宮で挙式とは渋いですねぇ。カッコイイなぁ。

 

帰りにはいちご飴を買いました。表面は飴でカリっとしているのですが、中は柔らかくて美味しかったです。

f:id:rise_more:20160207235539j:plain

 これで例年参拝している主だった神社には行くことができたので良かったです。今度は普段行かない場所へ行ってみようと思います。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  地元の氏神でもある小さな神社で豆まきが行われる、という張り紙を嫁が見つけてきたので、ちょっと時間を作って行ってみる事にしました。実は神社の豆まきってほぼ平日の昼間に行われるので、今まで行ったことがないのです。   嫁はてっきり、神社の境内から神主さん ... 続きを読む

f:id:rise_more:20160204005820j:plain

f:id:rise_more:20160204005821j:plain

f:id:rise_more:20160204005822j:plain

 

地元の氏神でもある小さな神社で豆まきが行われる、という張り紙を嫁が見つけてきたので、ちょっと時間を作って行ってみる事にしました。実は神社の豆まきってほぼ平日の昼間に行われるので、今まで行ったことがないのです。

 

嫁はてっきり、神社の境内から神主さんが豆と一緒にお菓子や餅を撒くのかと思っていたようで(僕も似たような光景を想像していましたが)、何が撒かれるのか軽く期待したらしいのですが、まず集まった人たちに豆が配られたのでした。

f:id:rise_more:20160204005823j:plain

これを持って帰って家で撒いてくださいって事かな、等と思っていると、突如出現した鬼。「鬼だー(笑)!!(嫁)」もうインパクトが凄い。ずるい。

f:id:rise_more:20160204005824j:plain

集まった人たちに豆まきについて説明をする神主さん。この後全員で鬼に向かって豆を撒きまくりました。

f:id:rise_more:20160204005827j:plain

実はこの神社には大小含めて7つの社があるのですが、一つずつ順番に回って、豆を撒くのでした。

 

この人達何やってるんだろう。と思われるかもしれないんですが、これ結構楽しかったです。僕の生涯でこれほど多く鬼を払って福を呼び込んだのは初めてです。去年は一方的に撒かれて終わったので、なんだか充実した豆まきを楽しめました。

 

来年もまた来ようと思います。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  先日、大雄山最乗寺に行ってきた時の事です。   境内をぶらぶらしていると、嫁がお婆さんに呼び止められ、お参りをするのにちょっとした段差があったので、肩を貸してほしいとお願いされました。   なんでもお歳は80過ぎだそうで、毎年親戚縁者と一緒に来るのだけど ... 続きを読む

f:id:rise_more:20160202003125j:plain

f:id:rise_more:20160202003126j:plain

f:id:rise_more:20160202003127j:plain

 

先日、大雄山最乗寺に行ってきた時の事です。

 

境内をぶらぶらしていると、嫁がお婆さんに呼び止められ、お参りをするのにちょっとした段差があったので、肩を貸してほしいとお願いされました。

 

なんでもお歳は80過ぎだそうで、毎年親戚縁者と一緒に来るのだけど、今年はたまたま皆来れなかったので、一人で来たという事でした。住まいは横浜と言っていましたので、随分遠路はるばる来られたなぁと思いました。毎年の習慣なんでしょうね。

 

嫁が寄り添って賽銭箱の前まできたところ、カバンの中から小銭(1円や5円、10円等)が一杯入った袋を取り出して、まるで豆でも撒くかの様に賽銭箱の中に入れていたのだそうです。

 

大雄山最乗寺は大小様々なお堂がありますので、きっと全部のお賽銭箱で同様に小銭を入れているのでしょう。これを見て嫁の頭の上で電球がぺかーと光ったようでした。

 

実はうちでは、いざ賽銭箱に入れようとするタイミングで、小銭を切らしているという事がよくあるので、神社仏閣に行く前には、お茶や等を買ってわざと小銭を作る様にしていたのです。

 

しかし家には50円以下の小銭ばかり入れている貯金箱があるので、最初から賽銭用にそれを用意していけばよかった、とお婆さんを見ていて思いあたったのでした。

 

「昔、小銭集めた貯金箱もって銀行に行ったことあるんだけど、ほんのちょっとにしかならなくて、なんか悲しいんだよね。(嫁)」

 

せっかく長い年月貯めた重い硬貨の塊を持って行っても、数千円にしかならなくて、しかもちょっと外食しただけで全部使っちゃって、なんだか空しくなるよりは、5円でも10円でも100円でもお賽銭として使った方が有意義かもしれないなぁと思いました。

 

しかもうちは、貯金箱に貯めてもいつまでも寝かしっぱなしなので、今後はお賽銭は小銭貯金箱から使う事にしようと思います。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加