じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

カテゴリ:食べ物 > お酒とつまみ

先日大磯の月一イベントに行ってきた記事はコチラです。大磯市(おおいそいち)に行くといつもこちらのキムチ屋さんで買うもので、すっかり嫁とは顔なじみになりました。今までに普通のキムチからネギキムチ、ツブ貝キムチ等いろいろ買ってみたのですが、どれもとても美味し ... 続きを読む
658-1
658-2
先日大磯の月一イベントに行ってきた記事はコチラです。

大磯市(おおいそいち)に行くといつもこちらのキムチ屋さんで買うもので、すっかり嫁とは顔なじみになりました。

今までに普通のキムチからネギキムチ、ツブ貝キムチ等いろいろ買ってみたのですが、どれもとても美味しかったので、今回はするめキムチというのを買ってみました。(嫁はイカが大好きです)

個人的には乾物にキムチの組み合わせのイメージがピンと来なかったんですが、これが食べてみると驚きの美味しさ。

下の写真がその現物です。

DSC_0058

「キムチだけじゃなくて、ハチミツか水あめとコチュジャンも入ってるな!(嫁)」と言っていたんですが、確かに食べるとちょっと甘い。つまり甘辛いんですが、そこにスルメの旨みとコチュジャンも混ざり、かなり複雑な味になるんです。

一見単純な代物なんですが、それだけに衝撃を受けました。特に日本酒が好きな人にはたまらんツマミになるかと思います。これはぜひ自分でも作ってみたいですね。


いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


  僕は夢の中で、誰だか記憶に無い親しい人に日本酒オリーブオイルを勧められるんですが、これが夢の中にも関わらず美味しいんです。夢の中で味なんて分かるはずもないのに。   以降「絶対に美味しい訳がない」と思いつつも、「いや、ひょっとしてまだ味わった事の無い ... 続きを読む

f:id:rise_more:20161002211851j:plain

f:id:rise_more:20161002211852j:plain

f:id:rise_more:20161002211853j:plain

 

僕は夢の中で、誰だか記憶に無い親しい人に日本酒オリーブオイルを勧められるんですが、これが夢の中にも関わらず美味しいんです。夢の中で味なんて分かるはずもないのに。

 

以降「絶対に美味しい訳がない」と思いつつも、「いや、ひょっとしてまだ味わった事の無い独特の旨みを備えた新たな日本酒の発見なのではなかろうか」等と記憶の隅に引っ掛かる事半年程度。

 

ようやく決心して飲んでみましたが、大方の予想通り不味かったです。やっぱり脂っこかった。高級なオリーブオイルなら美味しいのかな、と考えもしましたが、そもそも発想が邪道だと思い当りました。

 

去年日本酒を燻製して、とんだ毒水を作ってしまったんですが、日本酒はそのまま飲んだ方がいいですね。


いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  このお酒コルコルっていうんですが、国産初のラム酒なのだそうで、丁度去年の今頃購入していました。   ・過去記事 国産初沖縄製ラム酒CORCOR(コルコル)の威力   モヒートにはまった嫁が自宅で作るために買ったのですが、一般的なラム酒と比べあまりにも風味が独特 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20160707233028j:plain

f:id:rise_more:20160707233029j:plain

f:id:rise_more:20160707233030j:plain

 

このお酒コルコルっていうんですが、国産初のラム酒なのだそうで、丁度去年の今頃購入していました。

 

・過去記事

国産初沖縄製ラム酒CORCOR(コルコル)の威力

 

モヒートにはまった嫁が自宅で作るために買ったのですが、一般的なラム酒と比べあまりにも風味が独特で、ミントやライム等を入れても全てコルコルの風味に負けてしまうために半年近く放置されていたのです。

 

「海賊が飲む酒みたいだな!(嫁)」それだけ野性味あふれる強烈な風味、という意味のようです。

 

というわけで嫁が一計を案じ、ゴールデンオレンジという柑橘を漬けて果実酒風味にしてみました。ご覧の通り結構な量の果実が入っています。これで飲みやすくなるかも。

f:id:rise_more:20160707233031j:plain

が、やはりコルコルの風味は頑健で多少の果実等ではビクともしませんでした。気持ちオレンジ風味かな、という程度。さすが。

 

でも密かにこの1年少しずつ飲み続けてきた僕は、ようやくこの野性味あふれる風味のよさが分かりかけてきました。もっぱら水割りですが、よく味わって飲んでみると美味い!昔苦手だったのに今では好物となったパクチーを乗り越えたときの感覚を思い出しました。

 

しかし、ようやくその野性味あふれる力強い風味を美味く感じられるようになったと思ったのに、瓶は空になってしまうという悲しい現実。せっかく分かり合えたのに。。

f:id:rise_more:20160707233033j:plain

 

ちなみにこのコルコルは手作りで作ってるので月間5000本しか生産できないのだそうです。そもそも嫁がどこで探してきたのかよく分からないのですが、同じ物をまた購入しようか迷っています。

 

ほのぼのおサルのスタンプ

f:id:rise_more:20160621141306p:plain

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  去年の6月に嫁が初めて梅酒を作ってから9ヶ月が経ちました。   まだ1年は経っていないのですが、色に深みが出てきたように思います。梅はまだ原型をとどめていますね。普段飲むときは左の小瓶に移して食卓に置いています。   普段ビールやワインばかり飲んでいて ... 続きを読む

f:id:rise_more:20160331231343j:plain

 

去年の6月に嫁が初めて梅酒を作ってから9ヶ月が経ちました。

 

まだ1年は経っていないのですが、色に深みが出てきたように思います。梅はまだ原型をとどめていますね。普段飲むときは左の小瓶に移して食卓に置いています。

f:id:rise_more:20160331231349j:plain

 

普段ビールやワインばかり飲んでいて、熟成しっぱなしだったのですが、最近嫁が思い出してちょくちょく飲むようになり、ついでに梅もガリガリかじっています。

 

梅酒は濃い目でガブガブ飲んでしまうと、あっというまに減るので注意が必要ですね。僕なんかはいたって貧乏性なので、たまにしか飲めません。

 

去年から味噌や梅酒、燻製やヨーグルト等、手作りで色々作る事を覚えたので、今年も何か新しいものに挑戦したいと思っています。梅以外の果実酒系も種類が一杯あっていいですね。魔女の家みたいに、得体のしれない瓶があちこちに置いてあるのも面白そうです。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  うちは外飲みの時は、必ず最初に瓶ビールを頼むんですが、嫁の一番お気に入りはサッポロ黒ラベルです。次に飲むのがアサヒのスーパードライ。   実は僕はサッポロ、アサヒ、キリンの味の違いがよく分かっておらず、この3種で利きビールをされたら全く自信が無いです。 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151029000801j:plain

 

うちは外飲みの時は、必ず最初に瓶ビールを頼むんですが、嫁の一番お気に入りはサッポロ黒ラベルです。次に飲むのがアサヒのスーパードライ。

 

実は僕はサッポロ、アサヒ、キリンの味の違いがよく分かっておらず、この3種で利きビールをされたら全く自信が無いです。ヱビスは濃厚というか濃いので分かるんですが。。

 

嫁の好みとしては、やっぱり黒ラベル。美味い。と言う事で、あればまず頼みます。

f:id:rise_more:20151029000803j:plain

ちなみにビールの起源は古代エジプトではないかという説をどこかで読んだ覚えがあります。黄金の水。ビール。昼間っから飲んじゃうのがいたんでしょうねぇ。

 

こちらの写真は地域限定ラベルの箱根仕様。このラベルが結構好きなんです。

f:id:rise_more:20151029000805j:plain

ちなみにうちでは基本的には手酌です。嫁の泡とビールの対比に関するこだわりが厳格なので、あまり手出ししない方が無難なのです。

 

僕も相当な回数コップについでると思うんですが、いつも同じ対比にすることができません。上の写真も両方の比率が違うので、たぶん僕がついだのでしょう。どうせ飲むなら美味しく飲みたいので、美味しい泡を作れるように精進したいと思います。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  今年の6月に、嫁が初めての梅酒をつけて早4ヶ月。   いつのまにやら綺麗な琥珀色に変化して、リビングの日当たりの悪い安置所から、負け地と美味しそうな雰囲気を主張しはじめてまいりました。   つけた当初嫁は「1年程熟成させてから飲む」と所信表明していたので ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151020224743j:plain

 

今年の6月に、嫁が初めての梅酒をつけて早4ヶ月。

 

いつのまにやら綺麗な琥珀色に変化して、リビングの日当たりの悪い安置所から、負け地と美味しそうな雰囲気を主張しはじめてまいりました。

 

つけた当初嫁は「1年程熟成させてから飲む」と所信表明していたのですが、気が付いたら「美味かった」と言っており、「え?」と聞き直すと「もうできたから」と言うのです。

 

f:id:rise_more:20151020224746j:plain

▲1年程熟成される予定が、思いのほか早く現地入りする事になってしまった梅酒。

 

こうなってしまってはもう仕方がないので、僕も試しに飲んでみましたが、もう十分かつ立派に梅酒でした。梅酒を作る手間と、寝かせる過程を経て、ようやく口にする梅酒には、市販品には無い味わいがあるような気がします。僕が作ったわけではないんですが。

 

f:id:rise_more:20151020224749j:plain

 

僕は色んな自家製酒の瓶を家の中に並べるのが夢なので、今度はぜひ、焼酎以外にもラムでつけてみたり、梅以外の果実にも挑戦してみたいと思います。いや、お願いしてみたいと思います。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  最近、バリウム検査と基本健康診断を受けまして、多少体調の事を気遣うきっかけになったのか、病気の事について話し合う機会が増えました。   で、とりあえず手軽な事から始めようと思ったのが、水を飲む事。これは病院の先生から言われました。   実は僕は珈琲と酒以 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151019002741j:plain

 

最近、バリウム検査と基本健康診断を受けまして、多少体調の事を気遣うきっかけになったのか、病気の事について話し合う機会が増えました。

 

で、とりあえず手軽な事から始めようと思ったのが、水を飲む事。これは病院の先生から言われました。

 

実は僕は珈琲と酒以外、ほとんど飲まない生活をずっと続けていたのです。(外出先では飲みますが、家の中ではほぼそうでした)普段とくに喉が渇かないので、水だけストレートに飲むという習慣が無かったのです。

 

と、いうことで、一日2リットルの水をノルマとして飲む事に決めて、もう薬感覚で飲んでます。これに関しては効果てきめんで、早速色々と体調にあらわれてくれました。

 

よく人間の身体の60%は水、なんて聞きますが、一番重要な要素を今まで軽視していた事に気が付き、珈琲と酒を水分として摂取していた自分におおいに呆れ果てました。

 

考えてみたら利尿作用のある珈琲とアルコールを飲み続け、ひたすら水分を排出し続ける生活を送っていた僕の身体の水分は何%なのでしょうか。干からびるところでした。

 

そこでもう一つ、休肝日も作ってみました。今までよほど二日酔いでもない限り、毎日飲む生活を続けていたので(といっても量は少ないです)、正直自信が無かったのですが、やってみると案外できてしまったので、1日おきに休肝日を実施するようにしているのです。

 

1週間に3回も飲まない日を作ったので、これはさぞ劇的な体調の変化が訪れて、目の下のクマがとれたり、朝からジョギングしたくなったり、肩こりがとれて声量も大きくなったり、色々あるかもしれない等と期待していたのですが。

 

何の変化もありません。ちなみに嫁は1週間に1度、休肝日を作っていますが、もちろん同様の結果です。その結果どうすればよいのか。

 

飲んでも飲まなくても変わらないのなら、飲まなくてもいいじゃないか。

いや、飲まなくても体調が変わらないなら、むしろ飲むべきじゃないか。

 

嫁にしてみると、もう酒を飲んでも酔っ払う事が無いので、もはや習慣で飲んでいるにすぎず、自分にとって酒の意義が失われつつある、という事のようで、やや前者よりです。

 

僕にしてみると、基本的に酔うのが好きなので(そして酔いやすい)、量は飲めませんが、どちらかと言えば後者よりなのです。

 

飲むべきか、飲まざるべきか。結論にはもう少し時間を要しそうです。

 

 

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ