じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

カテゴリ:日々雑感 > 猿との闘争

猿が網戸を開けて入ってきたっていうと、猿って賢いからねってまだなりますけど、網戸を破って強硬に侵入してきたとなると、同じ家の中に入られるでもちょっとニュアンスが違うと思うんです。近所の方からこの話を聞いて、改めて自分が治安の悪い地域に住んでいるんだと気付 ... 続きを読む
752-1
752-2

猿が網戸を開けて入ってきたっていうと、猿って賢いからねってまだなりますけど、網戸を破って強硬に侵入してきたとなると、同じ家の中に入られるでもちょっとニュアンスが違うと思うんです。

近所の方からこの話を聞いて、改めて自分が治安の悪い地域に住んでいるんだと気付かされました。

ストッパーを付ければある程度安心かと思ってたんですけど、甘かったかぁ。。

猿にも個体差があるので、全部が破るとも思えないんですが、破っているところを見ていた猿が学習して蔓延していくかも可能性もあるので、まったく油断できません。

もうちょっと知恵を絞らないといけませんね。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ



つい先日、朝から3匹の猿が網戸を開けて中に入ってきたかと思ったら、今週もちょっとドアを開けていた隙に、1匹の猿に侵入されました。うちもこんなにバンバン猿が自由に入ってくる事は今までに無く、さすがにこれはヤバイと思い始めました。一度空き巣に入られると何度も ... 続きを読む
746-1
746-2

つい先日、朝から3匹の猿が網戸を開けて中に入ってきたかと思ったら、今週もちょっとドアを開けていた隙に、1匹の猿に侵入されました。

うちもこんなにバンバン猿が自由に入ってくる事は今までに無く、さすがにこれはヤバイと思い始めました。

一度空き巣に入られると何度も入られるという話を聞いたことあるんですが、同じ心理なのかもしれませんね。うちは防犯が甘い(入りやすい)と思われてる気がします。

と言う訳で、嫁が網戸のストッパーを買ってきました。

DSC_0477
ツマミの部分をクルクル回すと反対側の押さえ板が稼働して、対象物を固定する事ができます。

DSC_0476
裏面の対象物を固定する部分はラバー製になっています。

下の写真のように、網戸の端の部分にストッパーを固定する事で、右側の窓枠にストッパーが当たり、これ以上網戸が開かなくなっています。
DSC_0478
いたって簡単な構造ですが、幅が調整できるので大抵の網戸にとり付ける事ができるし、取り外しも簡単でしかも安いです。

網戸は軽いので大きな猿なら外したり破いたりできるかもしれませんが、僕の知る限りでは猿は引き戸を開ける程度の事しかできないはずなので、とりあえずこれで様子を見ようと思います。

今年は暑くなるのが早いし、窓を閉めっぱなしの生活はなんとかこれで回避したいものです。

もしこれでも網戸を破って強硬に猿が侵入してくるようなら、、人類はいよいよ猿と戦う準備をした方がいいかもしれません。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ

実は僕も過去に2回刺されたことがあるんですが、非常にやっかいな昆虫です。刺された時も取り除き方を誤ると皮膚に食い込んだ牙が中に残ってしまうそうで、できれば皮膚科等でとってもらった方がいいようです。(僕も嫁も強引に抜きましたが)ちょっとピンぼけ気味ですが、実 ... 続きを読む
740-1
740-2
740-3

実は僕も過去に2回刺されたことがあるんですが、非常にやっかいな昆虫です。

刺された時も取り除き方を誤ると皮膚に食い込んだ牙が中に残ってしまうそうで、できれば皮膚科等でとってもらった方がいいようです。(僕も嫁も強引に抜きましたが)

ちょっとピンぼけ気味ですが、実際の写真。
DSC_0472

普通はヒル等と一緒で山の中に生息してるものですが、獣を媒介して移動するケースもあります。うちの近所の林や山にマダニがいるという話は聞いたことなかったのですが、広範囲を移動する猿がよその山からもってきたのかもしれません。

家の中でマダニがいるとすると、最近家に侵入した3匹の猿が連れてきた線が濃厚です。こんな置き土産までされるなんて。。

マダニは体の大きさは数ミリですが、血を吸うと倍以上の大きさに膨れるようで、正直怖いです。

しかし本当に怖いのは感染症で、感染してから6日~2週間程度で発症し、発熱や嘔吐、咳、出血等の症状が出て、最悪死に至るケースも報告されているようです。

確率的には非常に低いし、本人の抵抗力にも依存すると思いますが、今後用心深く経過をみたいと思います。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ

春を迎えたせいなのか猿が絶好調です。まさか早朝から家宅侵入されるとは思いませんでした。縁側に置いておいたカブトムシ用のゼリー餌が食い破られて散乱していました。かなり綺麗に食べられています。今年もカブトムシが来たらあげようと思っていたのに。。クワガタでもい ... 続きを読む
738-1
738-2

春を迎えたせいなのか猿が絶好調です。まさか早朝から家宅侵入されるとは思いませんでした。

縁側に置いておいたカブトムシ用のゼリー餌が食い破られて散乱していました。
DSC_0462
かなり綺麗に食べられています。今年もカブトムシが来たらあげようと思っていたのに。。クワガタでもいいけど。
DSC_0464
ちなみにプランターにはパクチーの芽が出てるんですが、やはり見向きもされていません。その辺の雑草や木の新芽は食べるくせにパクチーは食べないのか。。
DSC_0467
嫁が気が付いたのが早かったので、家の中はほとんど荒らされてなかったのですが、外に落ちていた袋から、パン屋で買ってきたスコーンが丸ごと盗まれていた事が分かりました。

せっかくオヤツに食べようと思っていたのに。。

今年は暑くなるのが早いので、網戸にしている事が多いのですが、これは危険だなぁ。というか、やはり僕が住んでいる地域は、ちょっと変かもしれませんね。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ

この猿はよく見ると首の下に発信器がついているので、以前きたことのある猿みたいです。目印が付いてるから分かりやすい。イソヒヨドリにあげているお米を食べられてしまいました。ここで目があったのがまずかったのか、ズンズンこちらに近づいてきて。。窓の脇に置いてあっ ... 続きを読む
727-1
727-2

この猿はよく見ると首の下に発信器がついているので、以前きたことのある猿みたいです。目印が付いてるから分かりやすい。イソヒヨドリにあげているお米を食べられてしまいました。

DSC_0268

ここで目があったのがまずかったのか、ズンズンこちらに近づいてきて。。

窓の脇に置いてあった段ボール箱をあさり始めました。ちなみに窓が閉まってるとはいえ、もの凄い近いです。1m離れていないです。猿も一応窓ガラスが何なのか分かってるんですね。

DSC_0270

「からっぽ!?」とでも言いたそうな顔。ピンボケですが。ちょっと舌出ちゃってます。

DSC_0271

なんでしょう。このやや残念そうな顔は。それにしても目の前すぎる。

DSC_0274


他の猿はたいていすぐに追っ払うんですが。。この猿はどうも人間臭くて、やり辛いです。今後もちょくちょく登場する気がします。発信器付けて分かりやすいから名前でも付けようかなぁ。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ

地元に生息している猿は二つの大きな群れに分かれていて、それぞれの群れに発信器のついた首輪をした猿が居るので、地元の猟友会では絶えず位置情報を把握しています。(ちなみに嫁は猿を追い払うために派遣される猟友会をサルガリータと呼んでいる)そして住宅街に入ってき ... 続きを読む
724-1
724-2
724-3

地元に生息している猿は二つの大きな群れに分かれていて、それぞれの群れに発信器のついた首輪をした猿が居るので、地元の猟友会では絶えず位置情報を把握しています。(ちなみに嫁は猿を追い払うために派遣される猟友会をサルガリータと呼んでいる)

そして住宅街に入ってきたり、市民の要請があるとその都度ロケット花火やガス銃等で撃退するんですが、その過程で群れの生態等についてもある程度把握しているようで、どうも兄弟同士で群れのリーダーを巡る闘争が続いているらしいのです。

猿の群れはこうやって闘争に負けた方は群れから追放されて、また新たなグループを形成するか、もしくは離れ猿として孤独に生きていく事になります。

普段家の周りを徘徊している猿達の世界で、こんな勢力争いが繰り広げられているのかと思うと、猿を見かける度にどっち派なんだろう、なんて思ってしまいそうです。

ちなみにリーダー格っぽい猿の喧嘩を一度間近で見たことがありますが、ちょっとシャレになってなかったので、それ以来でかい猿は刺激しないようにしています。


いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


越してきた当時の嫁は猿を見つける度にしつこく威嚇して追い払っていましたが、最近は猿にも色んな個性がある事に気が付いたらしく、タイプ別に対応を変えているようです。う~ん、確かに言われてみれば、下の写真の猿なんて無害系かもしれません。あまり人を警戒していませ ... 続きを読む
709-1
709-2

越してきた当時の嫁は猿を見つける度にしつこく威嚇して追い払っていましたが、最近は猿にも色んな個性がある事に気が付いたらしく、タイプ別に対応を変えているようです。

う~ん、確かに言われてみれば、下の写真の猿なんて無害系かもしれません。あまり人を警戒していませんね。

p6
実は猿のほとんどはあまり人を警戒しないのですが、その中でも敵意が有るか無いかに分かれていて、敵意の無い猿は人とトラブルにならない距離間をわきまえている気がします。

下の写真の猿も無害なタイプの代表格ですね。(最近見かけないけれど大丈夫だろうか。。)

DSC_0202
ちなみに武闘派タイプの猿は、目が合っただけで飛びかかってきたりするし、犬並みの犬歯をむき出しにして威嚇してくるので、身の危険を感じるほどに好戦的で怖いです。

こういう猿は実際に市の方でお尋ね者扱いになったりしていて、捕獲の対象になることもありますが、抜きんでて凶暴な猿というのは大体全体の1~2割程度かもしれません。

僕も何度か凶暴な猿を身近で見たことがありますが、そういえば目つきからしてかなり怖かったです。うちにたまに来る無害な猿は目元が穏やかなので、こういうところは人も猿も同じかもしれませんね。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

記事が更新されるとLINEで通知がきます