じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

カテゴリ: 食べ物

ちなみに下が舞鶴おでんです。お馴染みの具材が入ってますね。ザ・おでんという感じ。下が金沢おでん。あまり見ない具材が入ってますね。両方とも非常に美味しかったです。ただ練り物系はそれほど味に落差がないので、食べ比べてもピンとこないというのが実感でした。個人的 ... 続きを読む
696-1
696-2


ちなみに下が舞鶴おでんです。お馴染みの具材が入ってますね。ザ・おでんという感じ。

p1

下が金沢おでん。あまり見ない具材が入ってますね。

p2

両方とも非常に美味しかったです。ただ練り物系はそれほど味に落差がないので、食べ比べてもピンとこないというのが実感でした。

個人的に練り物は粗挽きが好きなんですが、自分で作ってみるのも面白そう。

一見地味なおでんですが、会場はもの凄い人で、特設会場ではライブまでおこなっていました。
p5

おでんの品評会みたいな事までしてますね。凄いんだなぁおでんって。

p3

気になったのが沖縄おでんと青森生姜味噌おでん。沖縄にもおでんってあるんですね。生姜味噌おでんっていうのも食べてみたかったなぁ。

p6

ただご覧の通り、会場はビールを買う事さえはばかれるような混雑ぶりで、残念ながら途中で断念しました。並ぶの苦手なのです。。

ちなみにおでんばかりでなく、焼きそばや揚げ物、コロッケ等も販売していて、昼間っからビールや日本酒片手にニコニコしている人が大勢いました。

p4

それにしてもおでんでこれだけの人数を集客したのは驚きました。小田原おでんだけでなく、各地のおでんを呼び込んだのもよかったのかもしれないですね。

今後もおでんだけでなく、他県の色々な名産やB級グルメを招致するイベントをやってもらいたいなぁと思います。

【2017/04/09 訂正:二コマ目と三コマ目のセリフとテキストを修正しました。「静岡→舞鶴」】
何と静岡おでんと舞鶴おでんを間違えて記載してしまいました!静岡と舞鶴の方々には大変失礼をしました。。申し訳ございません。。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ

うちの記念日行事は、結婚記念日、二人の誕生日、クリスマスの計4回があり、その都度外食するのか家で食べるのか決めるのですが、今回は家で食事する事にしました。と言う訳で早速地元で美味しい魚屋さん「うおとら」でお造りを頼む事に。  食べログですが、サイトはコチ ... 続きを読む

694-1
694-2

うちの記念日行事は、結婚記念日、二人の誕生日、クリスマスの計4回があり、その都度外食するのか家で食べるのか決めるのですが、今回は家で食事する事にしました。

と言う訳で早速地元で美味しい魚屋さん「うおとら」でお造りを頼む事に。
 
 食べログですが、サイトはコチラ

うおとらさんは魚屋と併設して昼はランチ、夜は居酒屋をやっていて、昼夜混雑しています。本当は夜に飲みに行きたいところなんですが、今日は我慢して刺身と鹿のローストをツマミにワインと日本酒を飲む事にしました。

2人前を頼んだんですが量が多い!しかも美味い!これ寿司屋で頼んだら何千円するんだろう。。
 DSC_0004

たぶん寿司屋で頼んだりスーパーで買うより、コストパフォーマンスは高いんじゃないか、という結論になりました。本当に美味しかったので、マグロは全て食べずに漬け用に残すことに。

それと今季頂いた鹿の背ロース部分のロースト。さすが背ロース。こちらも柔らかくて美味しかったです。鹿肉はもっと市場に流通してもいいと思うなぁ。

DSC_0009

冬の鹿肉は脂がほぼ無いので、嫁考案のバターにバルサミコ、ニンニクを混ぜたソースで頂きました。

頂いた微発泡の日本酒と虎の子のワイン。たまにはこんな贅沢もいいですね。

DSC_0014


今回お造りを頼んだうおとらさんは、駅からそう離れていない(最寄は箱根板橋駅)ので、もし熱海や箱根に行かれる際には途中で寄ってみるのもいいかもしれないですね。オススメです。

ちなみに平日もお客さんで賑わっているので、予約した方が無難かもしれません。あと路上駐車が結構多いので絶対止めましょう! 

【2017/04/05 訂正:最寄駅の駅名を修正しました。「早川駅→箱根板橋駅」】

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ

 

味噌作りは今年で3回目なのですが、一度手作り味噌の味に慣れてしまうと、なかなか市販味噌に戻るのが難しいです。・材料(味噌4~4.5kg分)大豆・・・1kgこうじ・・・1kg塩・・・450g~500gまずは大豆を煮るんですが、後で潰すことを考慮してある程度柔らかくなるまで煮ま ... 続きを読む
673-1
673-2
673-3

味噌作りは今年で3回目なのですが、一度手作り味噌の味に慣れてしまうと、なかなか市販味噌に戻るのが難しいです。

・材料(味噌4~4.5kg分)
大豆・・・1kg
こうじ・・・1kg
塩・・・450g~500g

まずは大豆を煮るんですが、後で潰すことを考慮してある程度柔らかくなるまで煮ます。圧力鍋があると早いみたいですね。(うちはないのです。。)
p1
茹であがった大豆。つやつやして綺麗ですね。ちょっとつまみ食いしましたが美味しいです。
p2
ビニール袋に入れて熱いうちに潰します。僕はもっぱら潰すの担当なので、黙々と足踏みを繰り返します。
p3
全部潰し終わったら(粗挽き味噌がよければ完全に潰す必要はありません)鍋に入れ直して、あらかじめ混ぜておいた麹(こうじ)と塩を入れて混ぜ合わせます。この時、大豆の熱があまり高いと麹菌が死滅してしまうので、20度~30度位がいいらしいです。温度計で測るといいですね。
p4
全て均等に混ぜたら、手のひら大に丸めた大豆の塊をタッパーに勢いよく投げつけていきます。これは中に空気が残らないようにするためです。(空気が入っているとカビの原因になるのです)
「おいしくな~れ、おいしくな~れって念じながら作るんだぞ!(嫁)」←結構大事なポイントらしいです。
p5
全ての大豆をタッパーに詰めたら、空気が入っていない事を確認して表面をならして塩でコーティングします。さらにラップをかぶせました。全てカビが発生しないようにするためですが、もしカビが表面に生えてしまっても、多少ならその部分だけこそげとれば大丈夫です。
p6
一応これで半年ほどすると味噌が完成します。待ち遠しい。。
下の写真は去年作った味噌なんですが、発酵が進むとどんどん黒くなっていきます。フタを開けると味噌の良い匂いが。。
p7

発酵の度合によって味も変わっていきますので、その都度チェックして、好みの味になったら冷蔵庫にいれて発酵をストップさせる方法もあるそうです。

実は僕は塩辛い物が苦手なので、それほど味噌が好きという訳ではなかったんですが、手作り味噌にしてからは好物になりました。大豆の甘味のせいなのか塩辛くないし、そのままキュウリに付けて食べると最高に美味しいです。

一見手間が掛かるように見えますが、半日もあれば仕込む事ができるので味噌好きの方にはオススメです!

※8コマ目に仕込んでから約半年で完成、と書きましたが、季節によって発酵の進み具合が違うため、初夏のうちに仕込むと3~4ヶ月で出来たりするそうです。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


流通が発達したせいか、昔に比べて珍しい品種の野菜が多く出回るようになりましたね。人参や大根、カブなど鮮やかな色の着いた野菜をよく見かけます。下の写真は漬物なんですが、赤、黄色、緑と並んでちょっと鮮やかな盛り合わせになりました。ちなみに赤いものは色素が落ち ... 続きを読む
663-1
663-2

流通が発達したせいか、昔に比べて珍しい品種の野菜が多く出回るようになりましたね。人参や大根、カブなど鮮やかな色の着いた野菜をよく見かけます。

下の写真は漬物なんですが、赤、黄色、緑と並んでちょっと鮮やかな盛り合わせになりました。ちなみに赤いものは色素が落ちやすいみたいですね。
p1
下の写真は焼き魚と大根おろし。これみんな品種の違う大根なんです。
p2
大根に唐辛子をつめておろす紅葉おろしも綺麗ですが、紫や緑の大根おろしも盛り合わせの幅が広がりますね。僕が子供の頃はこんなのなかったなぁ。

下は嫁が自ら「悪魔の食べ物」と評した紫白菜の湯豆腐。
p3
紫白菜の色素が全部抜けてしまった為、紫色の鍋になってしまいました。ふた開けてこれが出てくるとちょっと驚きます。

こういった野菜は色だけでなく、味もちょっと違うので(ほぼ同じ物もありますが)、見た目だけでなく食べる時も楽しみです。今後も面白い野菜を見つけたら描きたいと思います。


いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


この間、地元のお店で最中の皮とあんこが別々に売られていて、誰が買うんだろうと思っていたら、嫁が買ってきました。嫁はイチゴも好きですが、あんこも好きです(和菓子好き)。またお米も大好きなので、米でできた最中も好きなのだそうです。好きの塊。 イチゴが丸ごと入っ ... 続きを読む
667-1
667-2

この間、地元のお店で最中の皮とあんこが別々に売られていて、誰が買うんだろうと思っていたら、嫁が買ってきました。

嫁はイチゴも好きですが、あんこも好きです(和菓子好き)。またお米も大好きなので、米でできた最中も好きなのだそうです。好きの塊。


DSC_0218

イチゴが丸ごと入っていて閉まりきっていません。

DSC_0213
お城の形をした最中もあるんですね。これは小田原城を参考にしているのかな。北条の家紋の三つ鱗っぽいのも見えるけど。違うか。。

DSC_0223
中にはしっかりとあんことイチゴ。

僕も食べてみましたが、イチゴの酸味とあんこが合わさって美味い!乾いた最中の中でイチゴの果汁が広がるのもいいですね。

最中はお米で出来ているので、中身をあんこではなく、お惣菜的なものにしてもいいし、ジャムやチョコレートでもきっと美味しそう。

また忘れたころに作りたいと思います。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ

小麦粉を米粉に変えることで米粉パンなるものが存在することを、ここ数年に知ったのですが、食べたところ多少モチっとする程度でほとんど変わりはありません。最近少しずつ増えてきた気がしますが、小麦粉から発生するグルテンを摂取しないための、いわゆるグルテンフリー食 ... 続きを読む
664-1
664-2

小麦粉を米粉に変えることで米粉パンなるものが存在することを、ここ数年に知ったのですが、食べたところ多少モチっとする程度でほとんど変わりはありません。

最近少しずつ増えてきた気がしますが、小麦粉から発生するグルテンを摂取しないための、いわゆるグルテンフリー食品の需要も理由の一つかもしれません。

ちなみに、うちではグルテンについてあまり気にしていないので、単に嫁が米好きが高じて作りたくなっただけなんだと思います。

問題の岩石米粉パン。

DSC_0003
「なんでこうなったんだろう!(嫁)」いまひとつ理由が不明のようで、不思議がっていました。

ちなみに表面はひび割れてカリっとしていますが、中はしっとりしているので、食べると普通に美味しいのです。風味、食感ともにほぼスコーンです。

大量の米粉が余っているので、近いうちリベンジすると思われます。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ

先日大磯の月一イベントに行ってきた記事はコチラです。大磯市(おおいそいち)に行くといつもこちらのキムチ屋さんで買うもので、すっかり嫁とは顔なじみになりました。今までに普通のキムチからネギキムチ、ツブ貝キムチ等いろいろ買ってみたのですが、どれもとても美味し ... 続きを読む
658-1
658-2
先日大磯の月一イベントに行ってきた記事はコチラです。

大磯市(おおいそいち)に行くといつもこちらのキムチ屋さんで買うもので、すっかり嫁とは顔なじみになりました。

今までに普通のキムチからネギキムチ、ツブ貝キムチ等いろいろ買ってみたのですが、どれもとても美味しかったので、今回はするめキムチというのを買ってみました。(嫁はイカが大好きです)

個人的には乾物にキムチの組み合わせのイメージがピンと来なかったんですが、これが食べてみると驚きの美味しさ。

下の写真がその現物です。

DSC_0058

「キムチだけじゃなくて、ハチミツか水あめとコチュジャンも入ってるな!(嫁)」と言っていたんですが、確かに食べるとちょっと甘い。つまり甘辛いんですが、そこにスルメの旨みとコチュジャンも混ざり、かなり複雑な味になるんです。

一見単純な代物なんですが、それだけに衝撃を受けました。特に日本酒が好きな人にはたまらんツマミになるかと思います。これはぜひ自分でも作ってみたいですね。


いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ