じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

カテゴリ: 行ってみた

前回の話はコチラロミオとジュリエットといえば古典的名作なので、僕も嫁もある程度の話の内容は知っていましたが、ただそれだけに、恋愛アレルギーのある嫁が拒絶反応を起こすのではないか、とちょっと不安ではありました。しかしそこは何しろミュージカルですから、シナリ ... 続きを読む
657-1
657-2

前回の話はコチラ

ロミオとジュリエットといえば古典的名作なので、僕も嫁もある程度の話の内容は知っていましたが、ただそれだけに、恋愛アレルギーのある嫁が拒絶反応を起こすのではないか、とちょっと不安ではありました。

しかしそこは何しろミュージカルですから、シナリオ以前にどんな世界が繰り広げられるのか全く想像もつかないわけで、嫁もそんな未知の領域に対する興味もあったのかもしれません。

そして赤坂サカス。正面にそびえるのがTBS放送センターです。ビル高い。

DSC_0020
下の写真がミュージカルが上演されるTBS赤坂ACTシアター。もうほぼ女性です。8割がた女性だったような気がする。

IMG_0528
そんなほぼ女性の観客の中に僕も混じって見に行った訳ですが、、、面白かったですねぇ。
普段見ない世界だけに2割増し位で面白かったかもしれません。

やっぱり生のライブ感って大切なんだなぁ、と思いました。きっと録画をテレビで見ても響かない様な気がします。歌って踊ってるんですけど、何だろうなぁ、引き込まれますね。

何事も実際に自分の目で見て感じるまでは分からないものですね。見終わった後、他のミュージカルも見たくなったし、歌舞伎なんかも一度は見ないといけないなぁ、なんて思いました。

(あと実を言うとこのミュージカルを見に行ったのは1月のお話です。現在は東京での上映は終わっていて、大阪で上映されています。)

帰りは新宿からロマンスカーに乗ったんですが、嫁の強い希望でたまたま空いていた先頭車両の席に。

DSC_0030
「やったー電車でGOみたい!」ちなみに嫁のテンションが一番高かったのがこの時でした。感情の切り替えが早い。

DSC_0035
窓にかぶりつく子供。嫁も本当はこれがしたかったようで悔しがっていました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


湘南発祥の地とも言われる神奈川県大磯町ですが、毎月第三日曜日になると様々な店舗が集まった「大磯市(おおいそいち)」というイベントが開催されます。・公式サイト大磯市: 大磯全体を市(いち)にしよう! この日はお昼位に到着したので、広場にシートを敷いて早速ラン ... 続きを読む
657-1
657-2

湘南発祥の地とも言われる神奈川県大磯町ですが、毎月第三日曜日になると様々な店舗が集まった「大磯市(おおいそいち)」というイベントが開催されます。

・公式サイト
大磯市: 大磯全体を市(いち)にしよう!

この日はお昼位に到着したので、広場にシートを敷いて早速ランチをとることに。

p1
まずは嫁が前から食べたくてしょうがなかったイカの丸焼き。大磯産のイカでしょうか。柔らかくて美味しかったです。焼く前に漬けこんであったようで、中まで味が染みていました。

p3
もう一つはイスラエル発祥のファラフェルサンドと言われる食べ物。ご存じですか?僕は初めて食べました。薄い生地の中に色々な野菜とコロッケが入っていて、スプーンで中をかき混ぜてから食べます。

p2
辛い香辛料もお好みで入れているんですが、これがなかなか美味い!今度来たらまた食べたいと思います。
ちなみに湘南の辻堂で店舗を出されています。→「セラセラ」手作りの美味しいお惣菜を販売されています。


この日は大磯市とコラボした「大磯てぬぐいスタンプラリー」というイベントもやっていて、嫁がすかさず反応して参加する事になりました。参加費は無料。

下の写真の手ぬぐいが配られるので、計4ヶ所のスタンプ会場巡りに出発します。ちなみにワイン1本あけてるので、ほろ酔い散歩です。

p4
まずは大磯市会場からスタートしました。こんな感じで好きなスタンプを自由に押していきます。ペッタンペッタン!

p5
アルファベットもあるんですが、これはまさか。。

p6
あーそうきた。ブログ公式タオルを作成しようとしていました。

p7
2番目に訪れた「At GALLERY N'CAFE」。サイトはコチラをご覧ください。

p9
中には色んな雑貨や絵画等が販売され、カフェにもなっているので作品を見ながら珈琲を飲む事もできました。

p10

3番目に訪れた「稜文館」。リノベーション賃貸住宅と言われる展示場でした。湘南にはこういうオシャレな建物が似合いますね。鎌倉とはまた違う風情なんだなぁ。
サイトはコチラから。

p8
最後に訪れた「つきやまArts&Crafts」。


p11
おそらく古民家を改造した店舗なんだと思うんですが、大磯にはこういう古い家屋がまだ結構残ってるんですね。

p12
溢れる昭和感。このお店は大磯駅から近いんですが、ぜひ一度訪れて頂きたいです。床が畳だったのでしばらく座ってました。

p13
中では色んな雑貨やアクセサリーが販売されていました。素敵なお店です。サイトはコチラからご覧ください。

と、いうわけでこちらで最後のスタンプを押して、じゃじゃ嫁公式タオル完成!

p14
「これたぶん洗ったら落ちるな!(嫁)」

こうやって知らない街を散策するって楽しいものですね。特に僕は出不精なので新鮮な体験でした。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ


先週末は、神奈川県小田原市下曽我駅から歩いて行ける曽我梅林へ行ってきました。 駅前では観光案内の方が、付近一帯を散策できるウォーキングコースが記載されている地図を配っているので、これをたよりに色々徘徊します。ただこのウォーキングコースは約11kmを3時間かけて ... 続きを読む
648-1

先週末は、神奈川県小田原市下曽我駅から歩いて行ける曽我梅林へ行ってきました。



p1
駅前では観光案内の方が、付近一帯を散策できるウォーキングコースが記載されている地図を配っているので、これをたよりに色々徘徊します。

648-2
ただこのウォーキングコースは約11kmを3時間かけて歩くという結構ボリュームのあるコースなので、適度にはしょりながら周ってみました。

まず訪れたのが瑞雲寺という曹洞宗のお寺。

p2
こちらではしだれ梅が幾つも植わっていて全て満開。天気も良かったので青空に映えて綺麗でした。まさに見ごろ。

p3
境内にはケータリングカーが来ていたので、お酒とおつまみを頂きました。

p4
下曽我という所はほとんど平地なせいか、大抵の場所で富士山を望むことができます。やっぱり富士山は冬が綺麗ですね。

p6
とにかく街全体が梅だらけ。一般家庭の梅の植樹率が高く、歩いていれば大抵の場所で梅を見かけます。

p9
p11
p10
p12
p5

今回訪れた曽我梅林では2/4~3/5までを小田原梅まつりとして、売店なども営業しています。詳しくはこちらをご覧ください。

曽我別所梅まつり観光協会公式ホームページ


648-3

駅に着いた途端、普段見慣れぬ色の電車が丁度到着して、嫁が目の色を変えて追いかけていきました。「何だあの色!初めて見る電車だ!(嫁)」
ちなみに下の2つの写真は嫁撮影です。変った色だなぁ。

p13
リゾートやまどり。やまどりの色がコンセプトなんですね。

p14

648-4

嫁がその場で調べたところ、群馬の方を観光する列車なんだそうです。そんな電車がどうして神奈川県のこんな端っこを走っているのかよく分かりませんが、「近くに車庫があるからかもな!(嫁)」と言っていました。

名湯・名跡・ぐんま旅 リゾートやまどり|JR東日本高崎支社

 リゾートやまどりは偶然見ましたが、梅は今がまさに見ごろでした。おすすめです!


いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

  地元にある神社で毎年行われているんですが、1年経つのは早いなぁ等と思いつつ、今年も行ってきました。 続々と人が集まってきました。結構来るもんですねぇ。事前に豆まき用の豆を配ってくれます。 そしてでたー!鬼。なんとなくドリフを思い出しました。まずはこ ... 続きを読む

f:id:rise_more:20170209224625j:plain

f:id:rise_more:20170209224627j:plain

f:id:rise_more:20170209224629j:plain

 

地元にある神社で毎年行われているんですが、1年経つのは早いなぁ等と思いつつ、今年も行ってきました。

f:id:rise_more:20170209224632j:plain

続々と人が集まってきました。結構来るもんですねぇ。事前に豆まき用の豆を配ってくれます。

f:id:rise_more:20170209224707j:plain

そしてでたー!鬼。なんとなくドリフを思い出しました。まずはこれに向かってみんなで豆をまきます。

f:id:rise_more:20170209224651j:plain

一通り豆まきが終わると竹筒で作った熱燗をふるまってくれます。ほのかに煙の匂いがしますが味わい深いんです。外で燗を飲むっていうのがまたいいですね。

f:id:rise_more:20170209224649j:plain

中でいただけるおしるこ。200円するそうなんですが、豆まきに参加した人は無料でいただけます。これだけいただけると満足度かなり高いんです。

f:id:rise_more:20170209224638j:plain

つるし雛が飾られていました。決して大きな神社ではないんですが、とても良い風情です。

f:id:rise_more:20170209224640j:plain

一応その晩は自宅で別にまきました。「家の近所に巻くとまた猿が来ちゃうから、遠くにまくんだ遠くに!(嫁)」

f:id:rise_more:20170209224635j:plain

節分を迎えたという事は暦上はもう春になったわけですね。まだしばらく寒さは続きますが、今年も一月が過ぎていよいよ動き始めてきたなぁという気がします。

 

ほのぼのおサルのスタンプ

f:id:rise_more:20160621141306p:plain

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  子どもの頃から行っているお祭りなので、特にお祭りの趣旨等は今まで気にしていなかったんですが、よくよく調べてみると亡くなった人を尊ぶためのお祭りでした。しかも故人に瓜二つの人に会えるという因縁付き。   屋台が沢山出て楽しい、位の印象のまま大人になって ... 続きを読む

f:id:rise_more:20170207232436j:plain

f:id:rise_more:20170207232440j:plain

f:id:rise_more:20170207232441j:plain

 

子どもの頃から行っているお祭りなので、特にお祭りの趣旨等は今まで気にしていなかったんですが、よくよく調べてみると亡くなった人を尊ぶためのお祭りでした。しかも故人に瓜二つの人に会えるという因縁付き。

 

屋台が沢山出て楽しい、位の印象のまま大人になってしまったので、この事実には驚きました。そうだったのか。。

f:id:rise_more:20170207234359j:plain

境内は非常に混んでいます。ほぼ一年通してあまり人気の無い地域ですが、この日だけはかなりの混雑です。

f:id:rise_more:20170207234401j:plain

境内に掲示されていた宗教的絵画。「なんだこりゃ!地獄だ!(嫁)」嫁が興味津々。

f:id:rise_more:20170207234407j:plain

何やらよく分かりませんが、地獄と菩薩の関係を説明してるのでしょうか。

f:id:rise_more:20170207234403j:plain

子どもが戯れている所を見ると、お地蔵さんみたいですね。歴史的価値のあるものなのでしょうか。

f:id:rise_more:20170207234409j:plain

お祭りと言えばたこ焼き。この時期に作り置きされるとすぐに冷めてしまうので、注文してから作ってほしいなぁ。

f:id:rise_more:20170207234411j:plain

お祭りと言えばお好み焼き。見ると食べたくなりますね。家に持って帰ってから食べないで、その場で食べた方が美味しい気がします。

f:id:rise_more:20170207234414j:plain

なんだかんだ言って焼き鳥だけを買って帰りました。

f:id:rise_more:20170207234416j:plain

 

考えてみるとお祭りって供養のためだったり豊穣を祈ったりと、儀式のための催しなんですね。足を運んでも、あれ美味しそうだなぁ、程度の事しか考えていなかったので、認識を改めようと思いました。

 

ほのぼのおサルのスタンプ

f:id:rise_more:20160621141306p:plain

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

鈴の音の大きさ競争やってるのかっていう位大きいので、人が多いとちょっと恥ずかしいです。もっとも最近は、その都度注意していたので、多少大人しくなった気はするんですが。   そもそも神社の鈴は、それほど振らなくても十分な大きさの音が鳴ってくれますが、稀に随分 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20170205223753j:plain

f:id:rise_more:20170205223755j:plain

f:id:rise_more:20170205223757j:plain

鈴の音の大きさ競争やってるのかっていう位大きいので、人が多いとちょっと恥ずかしいです。もっとも最近は、その都度注意していたので、多少大人しくなった気はするんですが。

 

そもそも神社の鈴は、それほど振らなくても十分な大きさの音が鳴ってくれますが、稀に随分と小さい鈴の神社があります。

 

まず下の写真はうちの近所にある神社の鈴ですが、平均的な大きさかと思います。

f:id:rise_more:20170205224440j:plain

重さもずしりとしているので、縄を振った時に伝わる適度な遠心力や、響く鈴の音も心地よいです。

 

下の写真は実は神奈川県の芦ノ湖にある箱根神社なんですが、鈴の大きさが相当小さいのがお分かりでしょうか。

f:id:rise_more:20170205224439j:plain

写真の通り7列同時に参拝可能になっているため、一つずつに大きな鈴がついていると音的にもスペース的にも色々問題があるのだろうとは思うんですが、ほぼ縄のみに近いので、振った時の感触や鈴の音の不完全燃焼感は否めません。

 

ダイナミック参拝派の嫁は常々この鈴の大きさを残念がっているのですが、これには僕も同感です。やっぱりちょっと物足りないなぁ。

 

ほのぼのおサルのスタンプ

f:id:rise_more:20160621141306p:plain

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

先日は早朝より、毎年恒例の神社回りをしてきました。まずは神奈川県にある大山阿夫利(おおやまあふり)神社へ参拝。 こちらは神奈川県伊勢原市の大山にある神社で、登山客も多く訪れる場所です。 神社まではケーブルカーに乗って行きますが、直線なので乗っている時間は ... 続きを読む

先日は早朝より、毎年恒例の神社回りをしてきました。まずは神奈川県にある大山阿夫利(おおやまあふり)神社へ参拝。

f:id:rise_more:20170131163129j:plain

こちらは神奈川県伊勢原市の大山にある神社で、登山客も多く訪れる場所です。

f:id:rise_more:20170131163136j:plain

神社まではケーブルカーに乗って行きますが、直線なので乗っている時間は短いです。大人一人往復1,100円。

f:id:rise_more:20170131163131j:plain

車両は新型なのか綺麗ですね。

f:id:rise_more:20170131163134j:plain

 先頭の方に並んでいたので、後方車両の一番先頭に乗りました。嫁大喜び。

f:id:rise_more:20170201220128j:plain

 終点に到着。ここはまだ頂上ではありませんが、山頂は海抜1250mなのだそうです。ここからでも空気が澄んでいるので遠くまで見渡すことができますね。

f:id:rise_more:20170201104117j:plain

早速参拝。標高の高い神社って現世と隔絶された空間って感じがして好きです。本来は山頂まで登山するべきなんですが、まだ予定があるので今日はここまで。

f:id:rise_more:20170131163140j:plain

この大山は別名「あめふり山」とも呼ばれるそうで、雨がよく降ることから、昔より雨乞いのご利益もあったのだそうです。

f:id:rise_more:20170131163142j:plain

こちらの神社は、記録によると2000年ほど前に建立されていて、山頂からは祭祀の際に使われた土器も出土されているそうですから、相当古来より信仰されていたんですね。

 

ご利益をお願いしたい所へ、火を付けた蝋燭を置きます。

f:id:rise_more:20170201222435j:plain

f:id:rise_more:20170131163146j:plain

さて神社の参拝も終わったので、ケーブルカーで一つ下の停車場で降りて、大山寺へ行きました。

f:id:rise_more:20170201222452j:plain

阿夫利神社と大山寺はすぐ近所に建っているんですが、同じ山の中に併設されているようで、なんだか珍しい気がします。ちなみに宗派は真言宗なのだそうです。

f:id:rise_more:20170131163153j:plain

この辺は神仏習合の際の出来事だったのかもしれませんね。どちらも基本的には山岳信仰から興っているので、大山自体を神山として敬っていたんだと思います。

 

来ると必ずやる「かわらけ投げ」。直径5cm程の陶器のお皿を投げて厄を落として、お願い事を叶えてもらえるのだそうです。

f:id:rise_more:20170131163155j:plain

下の写真の赤い輪の中を通すんですが、距離が結構あって難しいのです。投げるお皿もやや底が湾曲しているため、なかなかまっすぐ飛ばせません。今年もダメでしたが、来年こそは。。

f:id:rise_more:20170201224607j:plain

お寺の境内で見かけたおみくじの説明イラストに嫁爆笑。

f:id:rise_more:20170201230339j:plain

お昼位までには参拝を終えて下山。お腹が空きました。今回は嫁のお友達と一緒に車で行きましたが、駐車場がすぐに一杯になってしまうので、車の場合は早朝から行くのがオススメです。

f:id:rise_more:20170131163202j:plain

お昼は秦野市にある「白笹うどん」へ行きました。初めて行くお店でしたが、住宅街の中にあるので、到着までにちょっと迷いました。

f:id:rise_more:20170131163210j:plain

中は古民家風で大座敷の中で食事をしました。お昼だったので中は人で一杯です。

まずはおでんでビール。味がしみてて美味しかったです。

f:id:rise_more:20170131163204j:plain

こちらは肉味噌うどん800円。トッピングにおろしニンニクとトウガラシがついていて、途中で味を変えて楽しむ事ができるんですが、これが美味しいんです。

f:id:rise_more:20170131163205j:plain

こちらは胡麻タレつけ麺700円。うどんもコシがあって中々のボリューム。お腹一杯です。

f:id:rise_more:20170201232031j:plain

 昼食後は第二の目的地。秦野市にある出雲大社相模分祠に到着しました。

f:id:rise_more:20170131163212j:plain

出雲大社と言えば島根県ですが、明治21年にこちらに分霊されたのだそうです。

しめ縄が出雲大社という感じでいいですね。

f:id:rise_more:20170131163215j:plain

神社での参拝は通常、二礼二拍手一礼が一般的ですが、こちらでは二拝四拍手一拝です。拍手が2つ多いんですね。

f:id:rise_more:20170131163213j:plain

 

これにて年明けの神社回りを終えることができました。気がついたらもう2月になってしまいましたが、今年も一年間頑張りたいと思います。

 

ほのぼのおサルのスタンプ

f:id:rise_more:20160621141306p:plain

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ