じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

2015年08月

  嫁はほとんど本能で生きている感じなので、子供の頃からぶれてないんだなぁ、と改めて感心しました。でも僕も「社長」としか思い浮かべてないので、全然人の事は言えないんですが。。   僕の場合は、絵に描いた通り ・社長 ・黒くて大きい椅子に座っている。 ・「プレ ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150816231049j:plain

f:id:rise_more:20150816231050j:plain

 

嫁はほとんど本能で生きている感じなので、子供の頃からぶれてないんだなぁ、と改めて感心しました。でも僕も「社長」としか思い浮かべてないので、全然人の事は言えないんですが。。

 

僕の場合は、絵に描いた通り

・社長

・黒くて大きい椅子に座っている。

・「プレジデント」と書かれた木の表札みたいな物を机に置いている。

・一人で机に座っている。

の3点を幼少時に根拠もなくイメージしていました。

 

今はというと

・黒くて大きい椅子に座っている。

・個人事業主になった。

・一人で仕事をしている。

気が付いたら、完璧ではありませんが、だいたい現実化していました。今思うと、僕はこの幼少時に描いたイメージを無意識下に据えながら、ずっと今まで行動してきたのかもしれません。

 

僕はどうも組織が苦手で、一人でコツコツと仕事をしているのが性に合っているのですが、それも大人になって大分してから気が付いたことなのに、鼻水垂らしている事にも気が付かない様な子供が、自分の素養を見透かしていた様で、不思議なものだなぁと思いました。

 

こう思うと「イメージをする」って大事な事なのだなぁ、と思う一方で、嫁の様にほぼ将来の事を考えずに生きている人もいるわけで、それはそれで楽しそうではあるのです。人生の歩み方は人それぞれなので、自分に合った歩み方がありますし、それは自然と行動に表れるものなのかもしれませんね。

 

たまに「こんな晩年だったらいいなぁ!」というのを色々と想像する事があるのですが、ひょっとするとこれも現実になるかもしれないと思うと、今から楽しみです。

 

※まだちょっと立て込んでおりまして、コメントのお返し等諸々のご対応が遅れております。申し訳ございません。。少しずつ片付き始めているので、今週中には通常に戻るかと思います。

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  嫁は「期間限定」モノに目がないのですが、亀田の柿の種「ゆず明太子」を、どこからか見つけて買ってきました。嫁はもともと亀田製菓が好きなのですが、やはりさすがですね。   大した再現度です。ゆずの風味も明太子の辛さもバッチリです。ちなみに普段は「わさび風味 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150816005641j:plain

 

嫁は「期間限定」モノに目がないのですが、亀田の柿の種「ゆず明太子」を、どこからか見つけて買ってきました。嫁はもともと亀田製菓が好きなのですが、やはりさすがですね。

f:id:rise_more:20150816002840p:plain

 

大した再現度です。ゆずの風味も明太子の辛さもバッチリです。ちなみに普段は「わさび風味」が好きで、よく食べているのですが、嫁はいつも柿の種だけを食べてピーナッツを食べません。

 

柿ピーのピーは柿と一緒に食べるからおいしいのであって、ピーだけではちょっと味気ないのです。机の上によく、ピーナッツだけが残された袋が放置されている事があるので、今後はきちんとピーナッツも残さず食べましょう。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  普段本を読まない嫁が、どういうきっかけで鬼平犯科帳を読むようになったのか覚えてないのですが、全24巻を読み切っていました。   では時代小説が好きなのか、というとそういうわけでもないようで、例えば藤沢周平には興味が無い様でした。よほど池波正太郎の文体が性 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150815003139j:plain

f:id:rise_more:20150815002858j:plain

 

普段本を読まない嫁が、どういうきっかけで鬼平犯科帳を読むようになったのか覚えてないのですが、全24巻を読み切っていました。

 

では時代小説が好きなのか、というとそういうわけでもないようで、例えば藤沢周平には興味が無い様でした。よほど池波正太郎の文体が性に合っていたのでしょう。小説がきっかけでテレビシリーズも見るようになり、すっかり鬼平フリークになりました。

 

鬼平犯科帳は、長谷川平蔵という歴史上実在した人物が主人公で、主に凶悪な盗賊を召し捕る為に組織されたグループの長官です。今でいうマル暴と機動隊をくっつけたような組織でしょうか。

 

もちろん鬼平は大部分が創作ですが、主人公の長谷川平蔵は、生粋の江戸っ子であった池波正太郎の人柄が、かなり反映された人物だったのではないかと思います。

 

鬼の様に厳しくもまず部下を想い、上にたてを突くことも厭わず、自らも絶えず前線に立ち続ける長谷川平蔵は、嫁の理想の上司なのだそうです。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  うちは(というか主に僕が)箱根神社が好きで、3ヶ月おき位に訪れています。来るといつもおみくじを引くのですが、二人とも吉でした。よく分からないのですが、気持ちがシャキっとするというか、とても良い気分になれます。   訪れたのが9時頃だったのですが人がほと ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150813235913j:plain

 

うちは(というか主に僕が)箱根神社が好きで、3ヶ月おき位に訪れています。来るといつもおみくじを引くのですが、二人とも吉でした。よく分からないのですが、気持ちがシャキっとするというか、とても良い気分になれます。

 

訪れたのが9時頃だったのですが人がほとんど居ませんでした。これは時間が早いだけでなく、明らかに噴火の影響だと思われます。

f:id:rise_more:20150813235916j:plain

 

本殿への階段も人がまばらでした。写真は撮りやすいのでいいんですが。。いつもは早朝とはいえ、もう少し参拝客がいるので、ちょっと寂しかったです。

f:id:rise_more:20150813235920j:plain

 

苔むしている狛犬。もう何年位この場所に鎮座しているのでしょうか。どっしりと貫禄があります。

f:id:rise_more:20150814001356j:plain

 

本殿正面から。人が全く居ない状況で写真を撮るのは初めてです。

f:id:rise_more:20150813235922j:plain

 

本殿からの帰り道で見かけた昆虫。これたぶんバッタでしょうか(6cm位)。嫁がしきりに突いていましたが、全く微動だにせず、堂々とした昆虫っぷりでした。

f:id:rise_more:20150813235929j:plain

 

立派な杉の巨木。神奈川県の名木100選の1本なのだそうです。箱根神社の周りには、この様に杉の巨木が林立しています。僕はどうもこういう風景が好きなようです。

f:id:rise_more:20150813235933j:plain

f:id:rise_more:20150813235934j:plain

 

芦ノ湖は涼しいせいか、アジサイがまだ咲いていました。カラっとして、とても快適でした。

f:id:rise_more:20150813235945j:plain

 

帰りに芦ノ湖周辺にある「芦ノ湖テラス」というイタリアンで昼食を食べました。数年前に出来たばかりですが、結構お気に入りで定期的に食べに来ます。

f:id:rise_more:20150813235942j:plain

 

名前は忘れましたが、サラダとパスタとピザ。この3皿を二人でシェアしてお腹一杯になります。一皿の量が結構大きいです。特にサラダがいつ食べてもおいしい!オススメです。もちろんパスタもピザもおいしいです。また来ます。

f:id:rise_more:20150813235943j:plain

 

帰りに湯本にある「天山」という日帰り温泉に寄ってきました。湯本にある数少ない源泉掛け流しなので、嫁のお気に入りです。正直な事を言うと、ここも客の数が減っていて少しショックでした。いつも混雑しているのに。。

f:id:rise_more:20150813235946j:plain

 

言い方を変えれば、今箱根はどこにいっても以前より空いているので、穴場だと思います。噴火に関しては、警戒区域である大涌谷の周囲1キロを警戒、というおふれなんですが、箱根全体が危険な雰囲気になってしまっていますね。

 

噴火の可能性については誰も予測できない事なので、こればっかりは何とも言いようがないのですが、うちは今後も積極的に箱根へ出向き、色々ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  毎年夏になると、どこから入ってきたのか、家の中に色んな昆虫が出現するのですが、(蜘蛛、ムカデ、「G」、アリ、カメムシ等)最近「G」を1匹見た程度で、ほぼ姿を見せません。   それでも梅雨の時期は毎晩、窓ガラスに大量が蛾が張り付いたり、玄関のドアを開けてお ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150813000910j:plain

f:id:rise_more:20150813000911j:plain

 

毎年夏になると、どこから入ってきたのか、家の中に色んな昆虫が出現するのですが、(蜘蛛、ムカデ、「G」、アリ、カメムシ等)最近「G」を1匹見た程度で、ほぼ姿を見せません。

 

それでも梅雨の時期は毎晩、窓ガラスに大量が蛾が張り付いたり、玄関のドアを開けておくとアブや蜂が入ってきたりしたのですが、今ではぱったりと静かで、「今年は賑やかだなぁ」等と思っていたのが嘘のようです。

 

それにしても、玄関のドアを開けっ放しにしていて、蚊すら入ってこないというのは、山に建っている家としてありえない現象で、ここ半月位は蚊取り線香をつけていません。

 

「虫が出ない」というのは、むしろ快適な環境ではあるのですが、家の周囲の昆虫の生態が例年と違うのが多少気になっています。ちなみによそではそういう話を特に聞かないので、うちの周囲だけだと思うのですが。。サイトウに妙な噂を流されたのでしょうか。

 

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  ちなみに僕は普段まったく帽子をかぶらない人なんですが、嫁は外出時はいつも帽子をかぶっています。(いつも描いていませんが。。)   たまたま入ったお店に置いてあった帽子が珍しかったので、かぶってみる事にしましたが、ご覧の通り僕は、完全に南方帰りの日本兵に ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150811235421j:plain

 

ちなみに僕は普段まったく帽子をかぶらない人なんですが、嫁は外出時はいつも帽子をかぶっています。(いつも描いていませんが。。)

 

たまたま入ったお店に置いてあった帽子が珍しかったので、かぶってみる事にしましたが、ご覧の通り僕は、完全に南方帰りの日本兵にしか見えませんでした。この帽子、なぜかカーキっぽい緑色なので、かぶったらみんな兵隊に見えるんじゃないかと思ったのですが。。

 

嫁はそれなりにかぶれており (むしろちょっと似合う)、首の後ろを日差しから守れるので、草むしりの時に便利そう、等といたくお気に入りの様子でした。同じ帽子なのに、なぜ嫁は似合い、僕は似合わないのか。。頭の大きさかなぁ。。

 

 

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

  今でこそ読書は好きなのですが、小さい頃は本当に活字が嫌いで、全く本を読まない子供でした。少年ケニヤは僕が本を好きになるきっかけになった思い出の小説です。   小説と言ってもどちらかというと児童向けの本で、ページ毎に山川惣治による挿絵が描かれ、文章そのも ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150811003917j:plain

f:id:rise_more:20150811003918j:plain

 

今でこそ読書は好きなのですが、小さい頃は本当に活字が嫌いで、全く本を読まない子供でした。少年ケニヤは僕が本を好きになるきっかけになった思い出の小説です。

 

小説と言ってもどちらかというと児童向けの本で、ページ毎に山川惣治による挿絵が描かれ、文章そのものは短かったように思います。山川惣治という人は文章と挿絵の両方を自分でこなす作家なのです。この挿絵が緻密な線画で描かれていて、僕はこのタッチが大好きでした。

 

日本人の少年ワタルは、アフリカのケニヤを旅行中に父親とはぐれてしまい、ふとしたことがきっかけで、マサイ族の酋長ゼガと行動を共にするようになります。

 

次第に立派な戦士へと成長するワタルと、酋長ゼガ(後にワタルを助けるために酋長をやめる)、金髪の美少女ケートと共に繰り広げる冒険活劇。僕は主人公ワタルと酋長ゼガの、親子ほども年の離れた二人の友情が大好きでした。

 

この時生まれて初めて、一度読み始めると止まらなくなるという経験をしましたが、なかなかこういう本に巡り合うのは稀なケースなんだなぁと、今になって思います。機会があったらもう一度読み直したい、思い出の作品です。

 


 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加