じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

最近、知り合いの方からぎんなんを沢山頂きました。   子供の頃は苦手だったのですが、今は美味しく食べられるようになりました。嫁は言うまでもなく、この手のは好きなので、酒のつまみにしたり、ご飯に入れたり、おやつにしたりと、色々飽きる事なく頂いています。   と ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151022213549j:plain

最近、知り合いの方からぎんなんを沢山頂きました。

 

子供の頃は苦手だったのですが、今は美味しく食べられるようになりました。嫁は言うまでもなく、この手のは好きなので、酒のつまみにしたり、ご飯に入れたり、おやつにしたりと、色々飽きる事なく頂いています。

 

と言う訳で、ぎんなんを頂きたいと思います。ちなみに、うちではいつも電子レンジで作っています。

f:id:rise_more:20151022213553j:plain

これから食べます。と言った手前、何なんですが、ぎんなんは食べ過ぎると中毒症状を起こすらしいので、特にお子さんは食べる数は少ない方がいいそうです。ご注意下さい。

 

ラジオペンチ等でぎんなんの殻だけを割ります。あまり力を入れすぎると、実も粉砕してしまうので注意です。

f:id:rise_more:20151022213558j:plain

ところで、こんな時位しか使う機会のないラジオペンチが、なぜこんなに錆びているのだろう。。

 

殻を割ったぎんなんを、いらない広告で作った箱に入れます。ビニール袋だと熱で溶けるので、紙の袋なら何でもいいと思います。

f:id:rise_more:20151022213602j:plain

嫁が幾つも作り置きしているので、一つ拝借。枝豆や落花生等の殻物や、みかんやブドウ等の実に皮が付いている物を食べる時に、ゴミ箱としてそのまま捨てられるので、いつも重宝しています。

 

こんな感じで蓋をして、電子レンジで1分30秒~2分程度チンします。直後は熱いから、火傷しない様に注意しましょう。

f:id:rise_more:20151022213606j:plain

 

殻を割るのを含めて5分もあれば食べられるので、最近は小腹が空いたら、お菓子感覚で食べています。ちょっと小ぶりなので、すぐ無くなります。

f:id:rise_more:20151022230237j:plain

実は今日、ちょっとチンしすぎたのか、熱しすぎてカッチカチになってしまったのがあったのですが、これが香ばしくてとても美味しかったのです。

 

ぎんなんというと、ちょっと弾力性があって、やや水分を含んでいるものだと思っていたのですが、カリッカリになるまで炒ったり、揚げたりしても結構いけるんじゃないかと思いました。近いうちに試してみたいと思います!

 

それ どこで買ったの?でまた記事を書かせていただきました。

赤い食材ビーツを使って色々作りましたので、よろしかったらご覧ください。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  この豊臣秀吉による小田原攻めというのは、小田原征伐とも呼ばれ1590年の出来事になります。今から400年位前の出来事ですね。   当時、豊臣秀吉は北条氏を滅亡させれば天下統一だしって事で、ちょっと大人げない位の大連合で攻めに来るわけですが、その時の秀吉の本陣 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151021234950j:plain

f:id:rise_more:20151022014351j:plain

 

この豊臣秀吉による小田原攻めというのは、小田原征伐とも呼ばれ1590年の出来事になります。今から400年位前の出来事ですね。

 

当時、豊臣秀吉は北条氏を滅亡させれば天下統一だしって事で、ちょっと大人げない位の大連合で攻めに来るわけですが、その時の秀吉の本陣としたのが、今回遊びに行った石垣山でした。

 

当然もうお城は無いわけですが、土塁や石垣は残っているので、歴史的価値のある場所として、現在も観光地の一つとされています。

 

ちなみに嫁は横浜生まれで、こちらに引っ越してきて初めてこういう催しがされているのを見るんですが、「攻めてきた側のお城でもお祭り?」っていうのはとても素直な疑問で、確かにそうだよねって僕も思いました。

 

というのも、小田原市としてはNHK大河の候補として北条氏をプッシュしてるし、五代北条祭りなんてもやったりして、北条押しなんですね。市民としては、特に何も気にしていないと思うんですが、こういった催しをきっかけに少しずつ小田原の歴史を学んでいる嫁としては、ちょっと疑問を覚えるのも、無理からぬことかなぁと思いました。

 

まぁそこは、当時の戦国の習いというか仕方のない話で、ちなみに城主の北条氏直は、己の切腹と引き換えに城兵の助命を申し出て降伏していて、城下を巻き込む大戦にはなってないんですね。(氏直は助命されて高野山に追放されてます)

 

家臣はともかく一般市民としては、まぁ残念な事だけどそれほどの遺恨は無かっただろうな、と思うし、いずれにせよすぐに徳川家康の治世になりますが、時代の過渡期だったんでしょうね。

 

(残念ながら僕がそれほど歴史に詳しい訳ではないので、きちんとした説明ができなくて申し訳がないのですが、もし認識が間違っている箇所があったらすいません。)

 

一夜城祭りの会場に来て、まず驚くのが甲冑姿の人達。完全にコスプレ会場になっていました。(ちょっと今回は写真が多いです)

f:id:rise_more:20151022003249j:plain

 

記念撮影もしたりして。結構年配の方々なんですが嬉しそう。好きな人にはたまらない格好ですものねぇ。

f:id:rise_more:20151022003445j:plain

 

会場では幾つか屋台も出ているんですが、こちらはなんと窯焼きピザ。軽トラの荷台に窯を載せてます。大胆。

f:id:rise_more:20151022003705j:plain

 

美味しそうなので買ってみました。不均等すぎるカッティングが多少残念だったものの、薄皮で旨かったです。

f:id:rise_more:20151022003708j:plain

 

朝食を抜いていたので早速お弁当を広げました。ちなみに左端は鹿と猪のローストなんですが、美味しかったです。ちなみにビールも持参だったんですが、こちらはおつまみ箱ですね。

f:id:rise_more:20151022004003j:plain

 

味噌焼きと海苔のオニギリ。オニギリは外で食べると、より美味しく感じられる気がします。この日は陽気もよく気持ちよかったです。外でお弁当を広げるのは、時期的にそろそろ終わりかもしれませんね。

f:id:rise_more:20151022004001j:plain

 

ムシャムシャ食べてる目の前の舞台で、突然始まった江戸村的な寸劇。

f:id:rise_more:20151022004816j:plain

 

柳生某が間者を追っているというような話だったような気がするんですが、すいません忘れてしまいました。ほどなくして寸劇も終わり。。

f:id:rise_more:20151022004819j:plain

 

小田原市長(右下)や議員さんのご挨拶。ちなみに下の写真の方は、先日奥様の川島なお美さんが亡くなられた鎧塚俊彦さんです。一夜城の正面でお店を開かれていますので、この後そちらへ向かいます。

f:id:rise_more:20151022005244j:plain

 

この後甲冑姿の面々で記念撮影。甲冑大好きだなぁ。

f:id:rise_more:20151022011533j:plain

 

会場の周囲は大方この様な状態になっています。ちなみに一夜城はあくまでも示威の為に建築されたので、それほど大きくはなかったそうです。向かって斜面を上がっていくと。。

f:id:rise_more:20151022010508j:plain

 

雑木林が広がります。一夜城築城の頃からの景色なのでしょうか。なかなか気持ちの良い場所ですね。さらに進んでいくと。。

f:id:rise_more:20151022010852j:plain

 

ここから相模湾と小田原城下を一望できます。

f:id:rise_more:20151022010512j:plain

 

念のため小田原城を丸く囲いました。実は小田原城は現在改築中で、周囲を足場で囲ってあるために、非常に見つけにくいのです。当時は街並みもすっきりしていて、お城が目立ったんでしょうね。

f:id:rise_more:20151022010514j:plain

 

お弁当食べたし、甲冑見たし、周囲も散策したしということで、一夜城祭りの会場から、道路を挟んで正面にある、鎧塚さんが経営される「一夜城ヨロイヅカファー​ム」へ行きました。

f:id:rise_more:20151022011759j:plain

 

お店の方は、なんなら一夜城祭りより混んでるんじゃないかっていう位の人で、行列ができていました。本当はソフトクリームを食べたかったのですが、あまりの混みように断念。

 

さらにお店では、先ほど甲冑姿だった鎧塚さんが、もう店先で接客されていました。(甲冑姿ではなかったですが)中では野菜も売っていたりもします。しかも安い。

f:id:rise_more:20151022011805j:plain

 

お店の周囲は景色も良いし、とにかく華やか。奥様の川島さんがとても気に入られた場所なのだそうです。

f:id:rise_more:20151022011835j:plain

まだ日もまもないし、さぞ消沈されているかと思うのですが、鎧塚さんがとても精力的に仕事に向き合っている姿が、印象に残りました。

 

こちらお店のHPです。お近くに来られた時はぜひ。

ToshiYoroizuka | 一夜城ヨロイヅカファーム

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  今年の6月に、嫁が初めての梅酒をつけて早4ヶ月。   いつのまにやら綺麗な琥珀色に変化して、リビングの日当たりの悪い安置所から、負け地と美味しそうな雰囲気を主張しはじめてまいりました。   つけた当初嫁は「1年程熟成させてから飲む」と所信表明していたので ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151020224743j:plain

 

今年の6月に、嫁が初めての梅酒をつけて早4ヶ月。

 

いつのまにやら綺麗な琥珀色に変化して、リビングの日当たりの悪い安置所から、負け地と美味しそうな雰囲気を主張しはじめてまいりました。

 

つけた当初嫁は「1年程熟成させてから飲む」と所信表明していたのですが、気が付いたら「美味かった」と言っており、「え?」と聞き直すと「もうできたから」と言うのです。

 

f:id:rise_more:20151020224746j:plain

▲1年程熟成される予定が、思いのほか早く現地入りする事になってしまった梅酒。

 

こうなってしまってはもう仕方がないので、僕も試しに飲んでみましたが、もう十分かつ立派に梅酒でした。梅酒を作る手間と、寝かせる過程を経て、ようやく口にする梅酒には、市販品には無い味わいがあるような気がします。僕が作ったわけではないんですが。

 

f:id:rise_more:20151020224749j:plain

 

僕は色んな自家製酒の瓶を家の中に並べるのが夢なので、今度はぜひ、焼酎以外にもラムでつけてみたり、梅以外の果実にも挑戦してみたいと思います。いや、お願いしてみたいと思います。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  小田原のソウルフードってかまぼこ?練り物?なんて思いながら行ってみると、思いもよらぬものが出ていたりして、とても面白かったです。当日は曇り空だったのですが、次第に晴れてきてイベント日和に。     まず最初に買ってみた「三平」というお店の唐揚げ。ぶつ ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151020004202j:plain

f:id:rise_more:20151020004204j:plain

f:id:rise_more:20151020004205j:plain

 

小田原のソウルフードってかまぼこ?練り物?なんて思いながら行ってみると、思いもよらぬものが出ていたりして、とても面白かったです。当日は曇り空だったのですが、次第に晴れてきてイベント日和に。

 

f:id:rise_more:20151020005018j:plain

 

まず最初に買ってみた「三平」というお店の唐揚げ。ぶつぎりを2つ買って食べました。

f:id:rise_more:20151020004531j:plain

すいません、あいにく写真を撮っていないんですが、油がきちんと切ってあって、とてもおいしかったです。ただ、作り置きだったのがちと残念。油をきるためには、作りおかないと駄目なのかも。

 

小田原駅の近くにあるお店のようでしたので、今度改めて行ってみたいと思いました。

からあげグランプリ金賞受賞!いろんなグランプリがあるなぁ。

 

次に食べてみたのが、自然薯のさつま揚げ。これ頼んでから揚げてくれるんです。

f:id:rise_more:20151020005156j:plain

もちろん多少待つわけですが、今まさに目の前で揚がるのを見守る、というライブ感がいいですね。実際、自然薯がフワフワのアツアツで凄い旨かったです。もう2~3枚買って持って帰ればよかった。

 

箱根の強羅でお店を出されているようで、ここは行ってみたいと思いました。

次に食べたのが、ちょっと異彩を放っていた赤いうどん。去年の日本一決定戦で第三位だったそうなんですが、なんと箱根神社の茶屋で出しているらしく、そっちの方がビックリしました。

f:id:rise_more:20151020005557j:plain

 

限定小田原バージョンって書いてありますね。うどんに肉ワンタンって珍しい。

f:id:rise_more:20151020010151j:plain

確かに赤いんです。この赤さの正体は結局よく分かりませんでしたが、とにかく鰹だしが物凄い効いていて、おいしかったです。

 

箱根神社はよく行くので、こちらの茶屋の前もよく通るんですが、まさかうどん作って日本一狙ってたとは思いもよらず。

ちなみに広場ではフードフェスタだけではなく、団体の踊りも披露されていました。小田原って踊りも盛んだったんですね。色んなメイクと格好をした人達が集団でいました。熱気が凄い。

f:id:rise_more:20151020011029j:plain

 

こんな感じで城内で催されるわけです。カメラもまわっていたので、テレビ局でも来ていたんでしょうか。すいません、僕ちょっと踊り詳しくないので説明できないんですが、有名なんでしょうね。動画でも撮っておけばよかった。

f:id:rise_more:20151020011036j:plain

 

そんな感じで広場を練り歩きながら、食べたり飲んだりしていると、ガラガラ抽選券をそこかしこで貰う訳です。気が付いたら5枚もあったので、抽選所へ。

f:id:rise_more:20151020011612j:plain

 

5枚を嫁=2枚、僕=3枚に分けて挑戦した所、計4枚が半額券。大人一人2,300円ですから、半額って結構大きいんです。しかも1枚で2人。

f:id:rise_more:20151020011735j:plain

 

思うつぼと思いつつも、集客の必死さがヒシヒシと券から伝わってきたような気がして、ついつい入館。

f:id:rise_more:20151020012307j:plain

ちなみに万葉の湯というのは、神奈川県で展開している温泉施設で、熱海の源泉から温泉を運んで提供しています。極たまにでいいんですけど、こういう所で一日入り浸ってボーっとするのって好きなんです。

 

居酒屋みたいな所で食事できますし、リラクゼーションルームで寝てもいいし、指圧マッサージもあったりして、相当ゆっくりできます。あまり利用しすぎるとえらい金額になるので、注意が必要ですが。

 

あと3枚半額券が残っているので、密かに楽しみができました。今年もあと3ヶ月を切りましたが、要所に温泉を挟んでやりきりたいと思います。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  最近、バリウム検査と基本健康診断を受けまして、多少体調の事を気遣うきっかけになったのか、病気の事について話し合う機会が増えました。   で、とりあえず手軽な事から始めようと思ったのが、水を飲む事。これは病院の先生から言われました。   実は僕は珈琲と酒以 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151019002741j:plain

 

最近、バリウム検査と基本健康診断を受けまして、多少体調の事を気遣うきっかけになったのか、病気の事について話し合う機会が増えました。

 

で、とりあえず手軽な事から始めようと思ったのが、水を飲む事。これは病院の先生から言われました。

 

実は僕は珈琲と酒以外、ほとんど飲まない生活をずっと続けていたのです。(外出先では飲みますが、家の中ではほぼそうでした)普段とくに喉が渇かないので、水だけストレートに飲むという習慣が無かったのです。

 

と、いうことで、一日2リットルの水をノルマとして飲む事に決めて、もう薬感覚で飲んでます。これに関しては効果てきめんで、早速色々と体調にあらわれてくれました。

 

よく人間の身体の60%は水、なんて聞きますが、一番重要な要素を今まで軽視していた事に気が付き、珈琲と酒を水分として摂取していた自分におおいに呆れ果てました。

 

考えてみたら利尿作用のある珈琲とアルコールを飲み続け、ひたすら水分を排出し続ける生活を送っていた僕の身体の水分は何%なのでしょうか。干からびるところでした。

 

そこでもう一つ、休肝日も作ってみました。今までよほど二日酔いでもない限り、毎日飲む生活を続けていたので(といっても量は少ないです)、正直自信が無かったのですが、やってみると案外できてしまったので、1日おきに休肝日を実施するようにしているのです。

 

1週間に3回も飲まない日を作ったので、これはさぞ劇的な体調の変化が訪れて、目の下のクマがとれたり、朝からジョギングしたくなったり、肩こりがとれて声量も大きくなったり、色々あるかもしれない等と期待していたのですが。

 

何の変化もありません。ちなみに嫁は1週間に1度、休肝日を作っていますが、もちろん同様の結果です。その結果どうすればよいのか。

 

飲んでも飲まなくても変わらないのなら、飲まなくてもいいじゃないか。

いや、飲まなくても体調が変わらないなら、むしろ飲むべきじゃないか。

 

嫁にしてみると、もう酒を飲んでも酔っ払う事が無いので、もはや習慣で飲んでいるにすぎず、自分にとって酒の意義が失われつつある、という事のようで、やや前者よりです。

 

僕にしてみると、基本的に酔うのが好きなので(そして酔いやすい)、量は飲めませんが、どちらかと言えば後者よりなのです。

 

飲むべきか、飲まざるべきか。結論にはもう少し時間を要しそうです。

 

 

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  「どうも最近遅いと思ってたんだよね」   嫁の愛車の後輪がパンクしました。厳密にいうと結構前から空気が抜けていたらしいのですが、この度めでたくはっきり破けたようで、バイク屋でタイヤ交換してもらいました。   「タイヤ交換なんて初めてしたよ」と、嫁も驚いて ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151017234529j:plain

 

「どうも最近遅いと思ってたんだよね」

 

嫁の愛車の後輪がパンクしました。厳密にいうと結構前から空気が抜けていたらしいのですが、この度めでたくはっきり破けたようで、バイク屋でタイヤ交換してもらいました。

 

「タイヤ交換なんて初めてしたよ」と、嫁も驚いていましたが、うちは家が山の上で傾斜がきついせいなのでしょうか。後輪の減りが早かったようです。

 

後輪の交換費用は7,000円。自転車のタイヤ交換が僕の知る限りでは5,000円位だったので、あまり変わらないんだなぁと思いました。

 

タイヤの空気が抜けると路面との接地面積が広くなり消耗が激しくなるばかりでなく、コントロールも難しくなるようなので、事故につながらなくてよかったと思います。

 

ちなみに新しいタイヤの乗り心地はいたって快調のようで、とても喜んでいます。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  過去に何度か記事にした様な気がしているのですが、こちらの温泉は日帰りで定期的に通っています。   バスの場合は、湯本駅から約20分程。電車の場合は、箱根登山鉄道・宮ノ下駅から徒歩10分程度です。宿泊部屋もありますが、全体的にそれほど大きな旅館ではありませ ... 続きを読む

f:id:rise_more:20151017004633j:plain

f:id:rise_more:20151017004634j:plain

 

過去に何度か記事にした様な気がしているのですが、こちらの温泉は日帰りで定期的に通っています。

 

バスの場合は、湯本駅から約20分程。電車の場合は、箱根登山鉄道・宮ノ下駅から徒歩10分程度です。宿泊部屋もありますが、全体的にそれほど大きな旅館ではありません。こじんまりとしていて清潔感のある施設だと思います。(築年数は結構経ってそうですが)

 

日帰りは入浴のみ1,050円。休憩部屋が利用できる入浴休憩コースは2,050円です。決して安くはないのですが、午前中の早いうちから夕方まで入り浸るので、満足度は結構高いのです。

 

宿は基本的には宿主のおじさんが一人で応対しています。ですので、施設内は割りと簡素にできていて、いわゆる大規模温泉施設と比べると見劣りするのですが、館内や浴室はとても綺麗に掃除されています。

 

なぜこの温泉が気に入って、何度も来ているのかというと、空いてるのです。2ヶ月おき位に行っているのですが、休憩部屋はほぼ貸切。浴室もいても一組か二組ほどで、やはり貸切率が高いのです。

 

一度露天で、静岡から来たというおじさんと、「ここ大丈夫かなぁ?」という意見で一致した事がありました。客同士で心配になるほど、空いているわけですが、それでも営業しているので大丈夫なのでしょう。

 

食糧は持ち込み可で、冷蔵庫も貸してくれます。館内では瓶ビールも販売しているので、お弁当を広げてビールを飲んでゆっくりできます。たまにパソコンから離れてボーっと何もしないでいる時間を作るのって大事ですね。

 

いわゆる穴場的な楽しみ方のできる温泉です。口コミを見てみると、それなりに賛否あるようですが、ここまで人の目を気にせず、ゆっくりとできる温泉場は他に知らないので、うちはお気に入りの温泉場の一つなのです。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ