じゃじゃ嫁日記

何よりも食べる事が好きな奔放な嫁を観察する絵日記です。神奈川の端から色んな情報を発信していきたいと思います。

  まず、はてなブログの今週のお題であった「ゲーム大好き」が終了してもなお、ゲーム記事をあげるのもどうかと思いましたが、僕の中のゲームネタはこれで全て出し切ろうと思ったので、あえて出す事にしました。   このウルティマオンライン(以下UO)が発売されたの ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150725004705j:plain

f:id:rise_more:20150725004709j:plain

f:id:rise_more:20150725004710j:plain

f:id:rise_more:20150725004714j:plain

f:id:rise_more:20150725004715j:plain

 

まず、はてなブログの今週のお題であった「ゲーム大好き」が終了してもなお、ゲーム記事をあげるのもどうかと思いましたが、僕の中のゲームネタはこれで全て出し切ろうと思ったので、あえて出す事にしました。

 

このウルティマオンライン(以下UO)が発売されたのは1997年で、18年前のゲームになります。その頃はまだネットインフラが整っていなかった為、ADSLなんてものもなく、ダイヤルアップ回線で繋いでいました。ネットを常時接続で利用していなかった時代で、僕もまだ学生でした。

 

発売当初のUOは一言で言えばカオスで、法整備が整っていない為にかなり無秩序な世界となっていました。街の中は基本的には安全ですが、ボーっとしているとスリにあうし(盗みのスキルがあった)、街から出ると初心者目当ての殺戮者達が森の中に潜んでいました。

 

また、僕の英語力が低かったのも、難易度をあげていた理由の一つでした。外国人のプレーヤーと協力できていれば、もっと円滑に遊べていたかもしれません。初期のUOは、一人で遊ぶにはあまりにも過酷な環境だったのです。

 

僕はその後、UOから一度離れるのですが、数年後には日本専用のサーバーが用意され、プレイヤー同士で闘いあう空間も別に用意されるなどして、まるで別ゲームの様に快適な環境に変貌するのでした。

 

結果的に多くのネットワークRPGに影響を与えたUOでしたが、後発のネットワークゲームに押されてしまったのか、日本公式サイトも閉鎖され、大分規模も縮小されたようでした。時代の流れかもしれません。

 

しかし初期のUOにしかなかった、世紀末の様な無秩序感は強烈に記憶に残っていて、僕の楽しかったゲームの思い出の一つです。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  ブログのタイトルを「じゃじゃ嫁」としているので、統一感を持たせた方が混乱がなくていいかと思い、コメントやテキストは「嫁」で通しているのですが、実は普段は嫁という言葉は使っていません。   本人が目の前に居て話しかける時は「ねぇ」か「キミ」。本人が居ない ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150723233221j:plain

 

ブログのタイトルを「じゃじゃ嫁」としているので、統一感を持たせた方が混乱がなくていいかと思い、コメントやテキストは「嫁」で通しているのですが、実は普段は嫁という言葉は使っていません。

 

本人が目の前に居て話しかける時は「ねぇ」か「キミ」。本人が居ない時には「奥さん」と呼んでいます。「うちの奥さんは○○だなぁ」とか「その日うちの奥さん都合悪いってー」なんて使い方ですね。

 

一方僕の方は大抵「ねぇ」か「あんた」。もしくは「おまえ」と呼ばれています。僕が居ない時になんて呼ばれているのかは分かりません。

 

最初ブログのタイトルを「~奥さん」にしようかとも考えたのですが、語感が良くないというか、どうしてもしっくりこなくて止めておきました。

 

タイトルとして「じゃじゃ嫁」というのは気にいっているんですが、普段「嫁」という言葉を使わないのに、ブログ上で「嫁は」「嫁が」と書くことにちょっと違和感を感じはじめたりしています。。うーん。。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

  この蜂は、ある日嫁が庭に居るときに偶然目撃したようで、それ以来ずっとマークしていた結果、以下の様な事が分かりました。   ・毛虫を持ってきて筒の中に入れる。 ・毛虫に卵を産む。 ・土や葉っぱ等を使って筒の穴に蓋をする。   その後、この3点を元にネットで調 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150723002546j:plain

f:id:rise_more:20150723002550j:plain

 

この蜂は、ある日嫁が庭に居るときに偶然目撃したようで、それ以来ずっとマークしていた結果、以下の様な事が分かりました。

 

・毛虫を持ってきて筒の中に入れる。

・毛虫に卵を産む。

・土や葉っぱ等を使って筒の穴に蓋をする。

 

その後、この3点を元にネットで調査した所、この蜂は「穴蜂」という種類だという事がすぐに判明しました。

 

ちなみにこの毛虫は死んでおらず、麻酔で麻痺した状態なのだそうです。卵からかえった幼虫が新鮮で栄養のある食事ができるように、という親心なのでしょうか。

 

ちなみに下の写真は、シャベルの裏面の穴が気に入った穴蜂です。相当近寄ってます。これはすでに卵も餌も格納済で、最後の穴を塞ぐ工程に移っています。これがまた昆虫の割にとても丁寧な仕事っぷりで、まっ平で見事な土壁を数日かけて作ります。

f:id:rise_more:20150723002551j:plain

 

どうも2~3cm程度の穴が好みのようで、家の周囲にあるこの口径の穴は全て蓋をされるかもしれません。ちなみに今までこんな蜂が家に来ることはなかったのですが、今年はお客さんの多い年になりそうです。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

昔ファミコンで「たけしの挑戦状」というゲームがありました。今から29年前の話です。このゲームは説明が非常に難しいのであえて割愛しますが、なぜかこのソフトががパッケージ付きでうちにあります。     僕は買った覚えがありません。ちなみに嫁はかつて最終ステージの ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150722003639j:plain

昔ファミコンで「たけしの挑戦状」というゲームがありました。今から29年前の話です。このゲームは説明が非常に難しいのであえて割愛しますが、なぜかこのソフトががパッケージ付きでうちにあります。

 

f:id:rise_more:20150722004430j:plain

 

僕は買った覚えがありません。ちなみに嫁はかつて最終ステージの無人島までたどり着いた猛者ですが、やはり嫁の物でもありません。友達から借りたのだろうか。。いや、そもそも借りるだろうか?

 

 

久しぶりにプレイ動画を見ましたが、全体に漂う退廃感が結構こたえる。これ攻略本無しでクリアできた人いたのでしょうか?

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

 

 

  はてなブログの今週のお題がゲームだとはいえ、ゲームの話が続いてすいません。。ただ、こんなマニアックな話、今週以外にもう描く機会はないだろうと思い、強引に詰め込みました。。   当時はファイナルファンタジー(以下FF)が発売される前年に、エニックス( ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150721004417j:plain

f:id:rise_more:20150721004421j:plain

f:id:rise_more:20150721004422j:plain

f:id:rise_more:20150721004427j:plain

f:id:rise_more:20150721004428j:plain

f:id:rise_more:20150721004433j:plain

 

はてなブログの今週のお題がゲームだとはいえ、ゲームの話が続いてすいません。。ただ、こんなマニアックな話、今週以外にもう描く機会はないだろうと思い、強引に詰め込みました。。

 

当時はファイナルファンタジー(以下FF)が発売される前年に、エニックス(現スクエアエニックス)よりドラゴンクエストが発売され、空前のRPGブームを迎えていました。

 

色々なメーカーが競ってRPGを開発する中で発売されたFFでしたが、グラフィックやゲームシステム等、他と一線を画すものがあり、発売前のゲーム雑誌での特集を見れば、子供でもそれが一目瞭然でした。

 

「今度スクエアから出るゲームは、何か違う。」RPGの王者ドラクエを追う形で発売されたFFでしたが、下馬評に恥じぬクオリティで瞬く間にドラクエと肩を並べるまでの人気を博し、スクエア(現スクエアエニックス)を大会社へと成長させる原動力になったのでした。

 

そんなFFが販売されたクリスマス商戦に、なぜかナムコ(バンダイナムコゲームス)が投入したのがカルノフでした。カルノフは元々データイーストという会社がアーケードゲームとして開発した、横スクロールアクションゲームです。

 

 

一見何の縁も無いFFとカルノフでしたが、かの少年のおかげで、僕の中ではすっかりセットになってしまい、忘れる事のできない思い出のゲームの一つとなってしまいました。

 

ちなみにカルノフを開発したデータイーストは、なぜか、しいたけ栽培や、マイナスイオン発生器の開発に手を出して失敗。諸々の負債を抱え2003年に倒産しました。

 

 

-追記・補足-

当日並んだかどうかについてブックマーク上でコメントが幾つかありましたので、ちょっと補足させて頂きます。

 

まず、僕の描写に足りない部分があったと反省しているんですが、当日集まっていた子供は12、3人程度なんです。「並んだ」と書いてしまっている事で、いかにも結構な行列ができているような印象を与えてしまい、大変失礼しました。

 

僕は当日、開店するギリギリにお店に行っているんですが、すでに店の前に10人ほど人だかりができていたので、開店時に後ろの方に並び直して購入しました。だから、ドラクエ3の時のように何十人もお店の前に陣取るような行列とは程遠いです。

 

僕の前にすでに人が居たことに正直ビックリしましたが、お店の人も驚いていたと思います。しかし自分と同じように面白そうだと見込んで、開店前にお店に行っている訳ですから、「自分だけじゃなかった」と思いちょっと嬉しかった記憶があります。

 

ちなみに店員さんの「え」は、ずっと「FF下さい」→「段ボールから出して会計する」のルーチンが続いていたのが、突然「カルノフ下さい」で中断されたので、「え」と戸惑っていたのだと僕は解釈しています!

 

僕の説明不足と描写が甘かったせいで、誤解を生むような記事になってしまって、本当にスイマセンでした。。後からしまったー。。と思ってもすでに遅いのですが、謝罪も含めて追記させて頂きます。ご迷惑をお掛けしまして、本当に失礼しました。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

今週のお題「ゲーム大好き」

  僕たちが本当に小さい頃は、ファミコンなんてありませんでした。ゲームと言えばゲームセンターか、喫茶店に置いてあるテーブル筐体。遊べるゲームはスペースインベーダーです。   スペースインベーダーと言えば、インベーダーが最下段に下がってから一気に殲滅させる「 ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150719233202j:plain

 

僕たちが本当に小さい頃は、ファミコンなんてありませんでした。ゲームと言えばゲームセンターか、喫茶店に置いてあるテーブル筐体。遊べるゲームはスペースインベーダーです。

 

スペースインベーダーと言えば、インベーダーが最下段に下がってから一気に殲滅させる「名古屋撃ち」という攻略法が有名でした。

 

名古屋撃ち(2:12頃より)ちなみに僕はできません。

 

僕は正直言うとインベーダーは苦手で、当時ひょっとしたら1ステージもクリアできなかったかもしれません。しかし嫁は相当やりこんでいたらしく(当時インベーダーで遊ぶ女の子は周りで一人も居なかったらしい)、「レインボーという技も当時あった」と言うのです。

 

全く聞き覚えの無い技なので早速調べてみました。インベーダーは5層が少しずつ前進してきますが、1層毎に少し動くタイミングがずれています。この微妙なタイムラグを利用して、最前列のインベーダーを残したまま、後方のインベーダーを先に倒す事ができるのです。

 

すると最後に残ったインベーダーが残像を残しながら移動するようになり、この残像が虹に様に見えたために、レインボーという名前がついたらしいのです。ちなみに嫁はプレイ中に偶然この現象を発見したようでした。

 

レインボー(1:45頃より)成功した後に花火があがります。ちょっと感動的。

 

上級者のみが到達する事のできる域とでも言うのでしょうか。インベーダーというゲームは一見簡単そうに見えますが、自機の当たり判定が結構シビアで、個人的にはかなり難しいゲームでした。

 

嫁はこのスペースインベーダーをやりつくした後、ゼビウスと出会い、古参ゲーマーの道を歩んでいきます。

 

今週のお題「ゲーム大好き」

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

今週のお題は「ゲーム大好き」という事なので、ゲームの話が多くなりそうです。ご興味の無い方すいません。。   嫁は任天堂の「とびだせ どうぶつの森」という3DSのゲームに、2年近くはまっています。どうぶつの森は簡単に説明すると、仮想の村の中で仮想の住人と戯れなが ... 続きを読む

f:id:rise_more:20150719012415j:plain

今週のお題は「ゲーム大好き」という事なので、ゲームの話が多くなりそうです。ご興味の無い方すいません。。

 

嫁は任天堂の「とびだせ どうぶつの森」という3DSのゲームに、2年近くはまっています。どうぶつの森は簡単に説明すると、仮想の村の中で仮想の住人と戯れながら生活するゲームです。

 

 

全く面白そうに感じられないかもしれませんが、それは僕の説明のセンスがないからだと思います。僕も前作の「おいでよ どうぶつの森」を遊んでいましたが、任天堂らしい丁寧に作りこまれた傑作でした。

 

多くの種類の昆虫や魚が登場し、夏になればクワガタやカブトムシが、海へ行けばスズキやタイ、川にはコイや鮎が釣れます。昆虫を採ったり、魚を釣ったり、木をゆすって果物を採ったりという、こんな何気ない単純な行為すら、面白く感じさせてしまうのが凄い。

 

また、このゲームは3DSに組み込まれたタイマーを検知して、リアルタイムと同じ様に朝が来て夜になります。お正月にはお餅を食べて、ハロウィーンには仮装をしながら飴をもらいます。現実の時間経過や暦とシンクロしていて、1年中遊べるように、本当に細かくイベントが作りこまれているのです。

 

しかし、全てをコンプリートさせないと気がすまない性分の嫁は、おかげでやめる事ができません。ちなみに僕も嫁の家の隣に家を建てて遊んでいたことがあったのですが、途中でやめてしまいました。

 

この間久しぶりに、ゲームの中の自分の家を訪れましたが、家の中は嫁に蹂躙された後で、全ての家財道具を売り払われ、ほぼ廃墟と化していました。

 

ちなみにニンテンドーDSと言えば、最近亡くなられた任天堂の社長であった岩田聡さんが開発に携わったハードでした。あまりに突然の事で本当に驚きました。これから新しい展開をむかえようとしていただけに、非常に残念でなりません。55歳は若すぎる。。

 

個人的に任天堂で好きな方で、光線銃やゲームウォッチ、ゲームボーイを開発された横井軍平さんという方がいます。初期の任天堂に大変尽力された伝説の人でしたが、新しい事を始めようと自主退社して間もなく、やはり56歳の若さで亡くなられてしまいました。

 

ゲーム業界に多大に貢献されたお二人のご冥福をお祈りします。そして任天堂頑張れ!!

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

今週のお題「ゲーム大好き」